2013年08月31日

スイングトレードとは?

FXではいろいろな投資法があります。1日のうちに取引を完結させるデイトレード(デイトレ)、デイトレの中でも数秒から数分で1トレードするスキャルピング。ここで紹介するのは、それよりも取引期間の長い「スイングトレード」です。

スイングトレードとは、新規ポジション建てから決済までを数日から数週間でおこなう取引手法です。トレードの期間は相場環境や使用するインジケーター(指標)によって異なりますが、分析手法としてはテクニカル分析をメインとする投資家が多いと思います。

狙う利幅は具体的なトレード手法によってかわるので一概には言えませんが、だいたい1円〜10円(100pips〜1,000pips)程度です。時間もかかりますが、狙える値幅も大きくなります。逆に見ると、ロスカットのタイミングを間違うことで損失も大きくなります。

デイトレやスキャルピングにはないスイングトレードのメリットとしては、スワップ金利が得られるというものがあります。日をまたいでポジションを取るので、その間に発生するスワップポイントも考慮してリスクの取れる範囲を考えることができます。

逆に、高金利通貨の売りから入るとスワップ金利の支払いが発生する、というデメリットがあります。そのため、高金利通貨の売りから入らない、というような実質的な取引上の制限があります(もちろん、していけないわけではありません)。

また、数日間ポジションを取るため、デイトレにくらべて地政学的リスクが高いです。突発的な事態などによる相場の急変にそなえて、ストップロス注文を入れることは必須でしょう。

取引期間や狙う利幅の関係で、取引手数料やスプレッド、約定力やスリッページなどをそこまでシビアに求めない手法なので、スイングトレードは初心者の方には比較的やりやすい投資法だと思います。

デイトレやスキャルピング、スイングトレード、長期投資などいろいろな投資法がありますが、メリットやデメリットを比較するなどして、自分に合った投資法を見つけましょう。
posted by クサナギ at 20:46 | FXの勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

FXの取引をするにあたり、今後の値動きを何らかの方法で予想する必要があります。分析の結果、ある根拠から、これから米ドル/円は下げが期待できるから売る、というような投資行動にでるわけです。そのため、分析は重要です。

FXの為替変動の予想には、2つの分析手法が使われます。「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」です。どちらも大事ですが、スキャルピングやデイトレ、スイングトレードをする場合は、基本的にはテクニカル分析を採用することになると思います。

■ テクニカル分析

ローソク足などのチャートから、今後の値動きを予想する方法です。チャートや各種インジケーター(指標)を使います。過去の値動きを分析して、同じような状況では過去と同じように為替が動くという想定の元でトレードをおこないます。

そのため、統計データから導きだした答えが間違っていれば勝てないし、そもそも同じような値動きをしないというリスクも抱えています。スキャルピングやデイトレなどの短期売買でキャピタルゲイン(売却益)を狙う場合はおもにテクニカル分析が使われます。

■ ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズとは、経済の基礎的要因のことです。つまり景気や物価、金利など経済の良しあしを判断するための材料のことです。少しわかりにくいですが、「日本経済が良くなるから、円が買われる」と判断したら、それはファンダメンタルズで値動きを予想しているということです。

為替は基本的に2国間の経済の強弱で動くので、長期的にはファンダメンタルズ分析が有効といわれています。そのため、おもに中長期投資に使われます。

ただ、各種ファンダメンタルズの指標発表時(いわゆるFXの経済指標発表時)には相場がそれを受けて急変することがあり、ファンダメンタルズを重視する短期売買トレーダーも多いようです。

ちなみにぼくは、テクニカル分析を柱にして、ファンダメンタルズ分関はその補足にする、というかたちの投資法を選択しています。自分の性格やトレードスパンに合った分析方法を身につけましょう。
posted by クサナギ at 19:21 | FXの勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXの税金に関する戯言

FXの税金は一律20%ですが、この税率は他の金融商品と比べて特に高いわけではありません。たとえば株式も軽減税率が切れる来年からは20%だし、公社債などもすべて20%です。だからFXが特別税率が高いというわけではないです。

でも、ちょっと高いなあ、と感じるのはなぜでしょうか?株式はデイトレを頻繁にした場合を除くと、短期間で何百万、何千万と稼ぐことは難しいけど、FXならそれが簡単だからでしょうか?

たしかにFXが流行した数年前には、数十万円から一挙に数億円を稼いだ人たちが世間を騒がせるということがあったように記憶しています。以前はレバレッジ400倍などというおそろしい取引も可能だったので、個人で短期間に儲ける人も少なくなかったようです。

これだけ稼げる金額が大きいと、やはり税金が高く感じてしまいます。でも、上記の流行時には税金の取扱いもいまと違って最大で利益の半分くらいを持っていかれたので、それにくらべるといまは良心的な税率です。ただ単に、昔の累進課税のイメージでFXの税金が高いと錯覚しているだけなのかもしれません。

ただ、最近よく聞く「NISA」のような制度がFXでもはじまらないかな、と淡い期待もしています。国としては別に為替取引を頻繁にしてほしいとは思わないはずなので、さすがにFX版NISAというのはできないでしょう。

でも、それでも税金が少しでも安くならないかな、と夢想する毎日なのです。
posted by クサナギ at 18:22 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外為オンライン

外為オンラインはFX業界の中でもとりわけ知名度の高いFX業者です。数年前のテレビCMで認知された「あなたの為の、外為を。」というキャッチコピーを聞いたことがあるのではないでしょうか。

実際には知名度だけでなく実績もバツグンで、5年連続でFXの年間取引高No.1となっています。取引画面は初心者でもわかりやすい構成で、取引数量をかえると実効レバレッジや必要証拠金も自動でかわるようになっています。

取引手数料はもちろん無料。スプレッドに関しては最安のFX業者と比べると少しだけ高く感じますが、それでも米ドル/円が1銭など非常に狭いです。初心者への配慮などを考慮すると、総合的に最もオススメのFX業者です。
※ (株)矢野経済研究所調べ。「2007年4月〜2012年3月FX取引高」。

外為オンラインの口座開設はこちら

取引手数料
片道手数料 取引単位
1,000通貨 1万通貨 1万通貨
0円
注文機能
成行 指値 逆指値 IFD OCO IFO 2WAY 両建て
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/ドル 英ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円
1銭 2銭 1pips 3銭 3銭 6銭
スプレッド
南ア/円 カナダドル/円 スイスフラン/円 香港ドル/円 英ポンド/ドル
15銭 5銭 5銭 3pips
外為オンラインの口座開設はこちら
posted by クサナギ at 12:43 | FX業者の比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィードバックでFX手法を磨き上げる

FX投資において、あまり重要視されていないと感じるもののひとつに「フィードバック」があります。FXにおけるフィードバックとは、つまり自分の手法を実践し、その後にその手法が正しかったのか、個々のトレードはルールどおりにきちんと行われたのかを確認する作業です。

トレードで勝ったときも負けたときも、フィードバックをすることによって反省点が見つかるはずです。それを見直すことで、より自分のFX投資法をブラッシュアップする(磨き上げていく)ことができます。

FXで大事なのは、エントリー(新規ポジション建て)とエグジット(決済)です。過去の統計データなどから勝てる手法を見つけて、そのとおりに取引の始まりと終わりが正しくおこなわれれば当然勝つことができます(いろいろ指摘はあると思いますが、単純化して話を進めます)。

しかし、勝てる手法を使っても勝てないときがあります。それは、そもそもエントリーポイントやエグジットのタイミングを誤っている場合、もしくは、取引に感情をはさんでしまい手法どおりにできていない場合です(そもそも勝てる手法ではなかった、というケースは省きます)。

つまり、FXのトレード手法自体は勝てるはずでも、自分が判断を誤ったり、感情をコントロールできず、結果負けてしまうということが起こるのです。この判断のズレやメンタル面の強化のために、フィードバックが大事なのです。

「あそこで買いを入れたのは間違いだった。少しポイントがズレていた」「損切りポイントではないのに、怖くてロスカット注文をだしてしまった」ということを客観的に振り返ることで、その後のトレードにいかすことができます。

FXにおいてフィードバックは、特に初心者のうちは大事なことだと思いますが、もちろん上級者でも日々振り返りトレード手法をブラッシュアップしていくことは、市場で失敗・大損しない、そして勝つために重要なことなのです。
posted by クサナギ at 11:52 | FXの勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。