2013年08月24日

セントラル短資FX

セントラル短資FXは100年以上の歴史がある老舗のFX業者です。信頼感があり、スワップ金利をおもな目的とするスワップ派に人気が高いです。取引通貨単位は1,000通貨単位と少額から取引可能。

また、世界中のプロが作成し、厳しいテストをクリアしたプログラムが提供されており、その中から好きなものを選んで簡単にシステムトレードを始めることができます。

セントラル短資FXの口座開設はこちら

取引手数料
片道手数料 取引単位
1,000通貨 1万通貨 1,000通貨
0円 0円
注文機能
成行 指値 逆指値 IFD OCO IFO 2WAY 両建て
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/ドル 英ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円
1銭 2銭 0.8pips 4銭 3銭 4銭
スプレッド
南ア/円 カナダドル/円 スイスフラン/円 香港ドル/円 英ポンド/ドル
3銭 4銭 4銭 3銭 1.8pips
セントラル短資FXの口座開設はこちら
posted by クサナギ at 21:56 | FX業者の比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXの通貨ペアとは?「ドル/円」って?

FX(外国為替証拠金取引)で取引される通貨は何十種類もありますが、これらは「ドルを買う」「円を売る」という単体の取引ではなく、必ず「円を売ってドルを買う」というように通貨の組み合わせで取引をおこないます。これを「通貨ペア」といいます。

外国為替はつねに相対的なものなので、たとえば「円安」だけではどの通貨に対して円が安いのかわかりません。「円安ドル高」ではじめて意味がわかります。実際のFX取引でも同じで、「ユーロ/円を買う」と言えば「ユーロを買って円を売る」ということを意味します。

ちなみに、FXでは通貨ペアを英語で表現するのが基本です。日本語の場合もありますが、国際標準の表記はトレードするにあたり覚える必要があるので、ヒマなときにさらっと覚えてしまうことをオススメします。実際にやっているうちに簡単に覚えられますが、念のため。

日本円 → JPY
米ドル → USD
ユーロ → EUR
英ポンド → GBP
豪ドル → AUD
NZドル → NZD
スイスフラン → CHF
香港ドル → HKD
カナダドル → CAD
南アフリカランド → ZAR
シンガポールドル → SGD
人民元 → CNY
ハンガリーフォリント → HUF
韓国ウォン → KRW
メキシコペソ → MXN

米ドル/円なら「USD/JPY」、豪ドル/円なら「AUD/JPY」、ユーロ/ドルなら「EUR/USD」と表記します。ちなみにグローバル市場で最も取引高(シェア)の高い通貨ペアはEUR/USDです。2010年のデータで20%台後半、2位がUSD/JPYで15%弱だったと思います。

このようにFXの通貨ペアはたくさんありますが、取引する通貨ペアは2〜3つに抑えた方が良いと考えています。値動きのクセがそれぞれ違うので、絞らないとその通貨ペアの特徴やニュースに対する影響度などについて把握できないからです。

FXではレバレッジだけでなく、取引する通貨も抑えることが大事です。
posted by クサナギ at 14:21 | FXの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカの金融緩和縮小は近いのか!?

日本では最近、日銀による大胆な金融緩和政策がおこなわれて話題を呼びましたが、アメリカでもリーマンショック以来の景気低迷を受けて、QEと呼ばれる量的金融緩和をおこなってきました。

金融緩和というのは景気がわるくなったときに、市場に資金を供給して景気刺激効果をはかろうとするものです。簡単にいうと、市場にでまわるお金を増やして景気を良くしようという政策です。

この量的金融緩和は市場で好意的に受けとめられ、アメリカではこれを手がかりに株式市場が反応したり、為替市場でも世界的に影響を与えられてきたといわれています。しかし、金融緩和はいつまでもしているわけにはいかないものです。景気が浮揚してくれば、今度は緩和のレベルを減らしていき、完全に景気が良くなればいずれは反対の引き締めに転じる必要があります。

金融緩和により市場の資金が増えると、今度はインフレのリスクが高まるため、この政策の出口(緩和から引き締めへの流れ)というのは以前から重要視されていました。いずれ確実に起こることであるものの、為替マーケットへの影響度も大きいと考えられているからです。

今回、米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した7月30〜31日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録から、これから想定どおりに景気が回復すれば早期に金融緩和縮小する、という件についての賛成票が多いことがわかりました。

つまり、今後はアメリカの動向を世界中がよい注視し、そのFX取引への影響を考えていく必要があります。

しかし、こういった重要な経済指標に関する発表がおこなわれるなどした場合、マーケットは誰にも予測不能な動きをしたりしますので、ぼく個人の投資方針としては「様子見」ということになるかと思います。なんにせよ、FXのトレードは自己責任でしましょう。
posted by クサナギ at 00:05 | FXのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月23日

OCO注文でトレードの一貫性を保つ

FXで大損しないためには、レバレッジの設定が重要です。5倍未満、最大でも10倍未満にすることで、大損することを防げます。とてもシンプルな方法です。

そして、FXで失敗しないためには取引のエントリーからエグジットまでの一貫性が重要です。エントリーの根拠とエグジットの根拠が同じでなくてはいけません。ここに一貫性がない、たとえばチャートを見て買ったのに、ファンダメンタルによる判断で売るというようなトレードは禁物です。

では、トレードに一貫性を持たせるにはどうすれば良いのでしょうか?

簡単です。エントリーしたときに、エグジットの注文発注をしてしまうのです。先に発注しておけば、あとで感情によってエグジットの根拠がぶれる心配がなくなります。感情のコントロールは難しいですが、発注してしまえば感情の動きは関係ありません。

そのとき使う注文方法としては「OCO注文」がいいでしょう。OCO注文は、利益確定と損失限定が同時にできる注文方法です。エントリー後にすぐOCO注文で売却分の発注をしておけば、あとは相場を見なくても大丈夫。というよりも、むしろ見ない方が良いでしょう。見ると発注内容を変えたくなってしまう可能性があるからです。

エントリーしたら、すぐさまOCO注文を出してしまう。これによって、感情の動きによるエグジット時の根拠のブレがなくなり、トレードに一貫性をもたせることができます。人間は感情の生き物。どうしても心がブレがちですが、システマチックな売買によって感情の介入を防ぎ、一貫性のあるFX取引をしていきましょう。
posted by クサナギ at 22:42 | FXの勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月22日

一貫性のないトレードはするな!FXは根拠が肝心

FX投資で失敗しない、負けないためにはトレードの根拠というものをしっかり持った上で取引することが肝心です。ある根拠で買ったのに、売るときはまったく別の理由で売る、というのではいけないのです。エントリー(新規ポジション建て)からエグジット(反対売買による決済)までの一貫性が重要です。

ある根拠でポジションを取ったなら、その根拠が崩れたら手じまうことです。FXで失敗する、大損するというのは、この取引の根拠を「感情」で捨ててしまうことが原因であることがあります。

たとえば、チャートの抵抗線を上抜けたので買いを入れた場合、その抵抗線を完全に下抜けたら手仕舞う(売る)ことです。上抜けたと判断した、その判断自体が誤りだったならトレードを続ける理由はありません。

そこに「下抜けたけど、実はこういう理由があるから上げそう」「また抵抗線より上に戻すかもしれない」というのでは投資根拠がブレブレです。新たな理由を付け加えたり、根拠を無視したりしてはいけないのです。

トレードの根拠が誤りだった、あるいは根拠が崩れたという場合は、早々にトレードを終了させましょう。FXでは大損しないこと、負けないことが大事です。為替マーケットで生き続けるためには、トレード根拠の一貫性と、値動きがシナリオをはずれたときの対応がとても大事なのです。
posted by クサナギ at 23:12 | FXの勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。