2013年10月11日

外為どっとコムの口座開設で最大20,000円キャッシュバック

外為どっとコムではの「外貨ネクストネオ」の口座開設によるキャッシュバックキャンペーンを実施中です。新規口座開設、初回10万円以上の入金で、新規注文の取引量に応じて最大20,000円のキャッシュバックがあります。

<< 外為どっとコムの口座開設はこちら >>

外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の口座開設キャンペーン
内容 対象期間内に以下3つの条件を満たした方全員に、新規注文の取引量に応じて「外貨ネクストネオ」口座に最大20,000円をキャッシュバック
条件 ・ 外貨ネクストネオを新規開設(簡易書留郵便を受け取った時点で口座開設となります)。
・ 外貨ネクストネオへの10万円以上の初回入金。
・ 外貨ネクストネオで新規注文で取引。
期間 2013年10月1日(火)午前6時10分〜2013年11月30日(土)午前6時55分
キャッシュバック金額 1,000Lot以上 〜 3,000Lot未満 : 6,000円
3,000Lot以上 〜 5,000Lot未満 : 10,000円
5,000Lot以上 〜 : 20,000円
キャッシュバック時期 適用対象の方に、2014年1月末までに外貨ネクストネオ内に現金を入金。
注意事項 ・ 口座開設には申込み後1〜2週間ほど時間がかかります。
・ 別のキャンペーン特典との重複受取は可能です。。
・ 「外貨ネクスト」から外貨ネクストネオへの口座移行は適用対象外です。。
・ 今回の口座開設以前に外貨ネクスト、外貨ネクストネオを開設したことのある方は適用対象外です。
・ すべての適用条件を満たせば自動的にキャンペーンへエントリーされるので、他の手続きは不要です。
・ 内容は予告なく変更されることがあります。
※ 他にも注意事項があるので、詳しくは公式サイトをご確認ください。
外為どっとコムの特徴を以下にまとめます。口座数や預かり資産などが業界最高の老舗でありながら、取引コストの安さ、高機能ツール、動画コンテンツなど初心者の方を向いたサービスの充実度が高いです。
  • FX口座数世界第1位(フォレックス・マグネイト社調べ(2012年12月末時点))。
  • FX口座数・預かり資産が9年連続No.1(矢野経済研究所「2013年版FX市場の動向と展望」)。
  • 取引手数料0円、また狭小スプレッドで少額取引可能。。
  • ワンクリック注文など簡単な注文機能、多機能チャートなど高性能な部分もあわせ持つ取引ツール
  • 豊富な為替情報や動画コンテンツ、セミナーや24時間電話サポートなど初心者向けのサービスが充実。
  • ポジションの決済をせずにスワップポイント振替が可能。
口座数や預かり資産が多いということは、それほど投資家に選ばれているということだと思います。外為どっとコムへの口座開設がまだなら、この機会に作ってみてはいかがでしょうか。

<< 外為どっとコムの口座開設はこちら >>
posted by クサナギ at 22:13 | FXのキャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年10月10日

次期FRB議長にイエレン氏指名!初の女性議長誕生か!?

オバマ米大統領が推していたサマーズ氏が指名に対して事前に辞退。そのことで少しゴタゴタ感のあった次期FRB議長指名の件ですが、ようやく落ち着きました。FRB副議長のジャネット・イエレン氏が指名されました。議会で承認されれば、FRB史上初の女性議長が誕生します。

イエレン氏は現在の連邦準備制度理事会(FRB)の副議長。1994年から97年にFRBの理事になり、97年から99年にはクリントン大統領の大統領経済諮問委員会委員長をつとめ、さらに2004年からはサンフランシスコ連邦準備銀行の議長をつとめました。経験豊富です。

2001年ノーベル経済学賞を受賞したジョージ・アカロフを夫に持ち、彼女自身は大学時代に失業に関して専門に学んでいます。そのため、インフレーションよりも失業に関心を持っているようです。

今後の政策としては、バーナンキFRB議長の金融緩和政策を引き継いで、ハト派的な政策を進めるのではないかと見られています。これにより、金融緩和縮小は先延ばしになるのではないかという見方もあります。

今回の指名を受けてかどうかはわかりませんが、為替市場ではドル/円が上昇。最近の米政府機関閉鎖や債務上限引き上げ問題などで売られていたドルが買い戻されているようです。

以前はハト派のイエレン氏が次期議長になれば円高が進むと見られていましたが、最近のアメリカ議会のゴタゴタの中で下げたドルは、次期FRB議長の指名によって安心感から一時的に買われたと見るくらいが良いかもしれません。

イエレン氏は金融緩和縮小を早期にはしないということで市場のコンセンサスは固まりつつあるようですが、実際にはわかりません。FXに絶対はないので、最も実現しそうなシナリオを想定しつつも、リスク管理をおこなうことが大事です。

米政府機関閉鎖が長引かない、また短期的にでも債務上限引き上げがなる可能性がある、ということが報道されていますが、まわりの情報は利用しつつも妄信せずに自分の判断をしっかり持ってFX投資をおこなっていきましょう。
posted by クサナギ at 22:24 | FXのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年10月09日

ひまわり証券で最大60万円キャッシュバック

今年はFX15周年。ということで、ひまわり証券が特設サイトを作ってお得なキャンペーンなどをおこなっています。最大60万円のキャッシュバックキャンペーンから、QUOカードや高級今治産フェイスタオルのプレゼントなどおもしろいものもあります。ここではその一部を紹介。

指定通貨の取引で最大60万円キャッシュバック
募集人数 30名程度
期間 10月分 : 2013年10月1日オープン〜10月31日クローズ
11月分 : 2013年11月1日オープン〜11月29日クローズ
12月分 : 2013年12月2日オープン〜12月31日クローズ
申込期限 10月分 : 2013年11月8日クローズ
11月分 : 2013年12月6日クローズ
12月分 : 2014年1月10日クローズ
申込方法 ひまわりFX Web版の取引画面「ひまわりFXキャンペーン申込み」から申込み(取引基準に達していなくても事前申込みが可能)。
※ ひまわりFX PROからは申込みできないので注意が必要。
対象条件 ・ 各月分の1ヶ月間のキャンペーン期間中の取引が対象。
・ ひまわりFXでユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円の取引を行うこと。
・ レギュラー口座での新規約定取引、シストレ口座(エコトレ)での新規約定取引および決済約定取引。
・ 通貨ペア単独の合計取引量が100万通貨以上。
・ 各月分のキャンペーン申込期限までの申込み。
プレゼント内容 ・ ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円それぞれの取引量に応じて現金プレゼント。
・ 各通貨ペア2,000円〜200,000円。合計で最大60万円。
プレゼント時期 キャンペーン期間の翌月下旬。
プレゼント方法 対象のひまわりFXレギュラー口座へのキャッシュバック。
注意点や留意事項はひまわり証券の公式サイトをご覧ください。

<< ひまわり証券のFX15周年特設サイト >>

上記のキャッシュバックキャンペーン以外にも「ユキチくん癒しのフェイスタオルキャンペーン」、「抽選で毎月150名様に当たる!QUOカード500円分」「3泊4日でご招待!石垣島セグウェイツアー」など面白いものがたくさんあります。

また、ひまわり証券ではFXセミナーもいくつか視聴できます。今井雅人さんの「生き残りのFX戦略〜相場をどう読み、どう戦略を立てるか?〜」や杉田勝さんの「エリオット波動〜分析は趣味で終わらせない〜」などです。

ぜひ、ひまわり証券のFX15周年特設サイトをぞんぶんに楽しみましょう。
posted by クサナギ at 23:30 | FXのキャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年10月07日

有力FX業者の預かり残高・口座数・取引高(2013年8月)

矢野経済研究所がFX業者の預かり残高や口座数、取引高などを調査・公表している「有力FX(外国為替証拠金取引)企業15社の月間データランキング-2013年7月-」。つい先日7月分を紹介しましたが、今回8月分がでたので早速紹介します。

<< 有力FX(外国為替証拠金取引)企業15社の月間データランキング-2013年8月- >>

まず全体の動きとして、前月と同じく口座数は調査対象企業14社すべてで前月よりも増えているということです。全体としての増加だけでなく、個々で見ても全てが増加ということは市場がまだ成長しているからなのかもしれません。

日本のFX業界がにぎわうのは嬉しいことですね。ただ初心者が増えるということは、同時に敗者も増えるということを意味します。FX初心者が失敗・大損しないためにも、このブログが助けになればと考えています。

預かり残高に関しては、1位が外為どっとコム、2位GMOクリック証券、3位サイバーエージェントFXと、先月とまったく同じ顔ぶれです。そうそう大きく変動するものではなく、また積み上げが効くものなので当然といえば当然です。

ただ、外為どっとコムは増加率がマイナスです。顧客の資産が相場変動で減少したのか、それとも外為どっとコム自体から出ていったのかはわかりませんが、どちらにせよ外為どっとコムからすると痛手です。

ちなみに預かり残高2位のGMOクリック証券は増加率順位も2位となっており、2位という預かり残高の順位ながら増加率も大きく保っているのはすごいことだと思います。とても勢いを感じます。

口座数も相変わらず1位が外為どっとコムで約36万口座。2位DMM.com証券が34万口座、3位GMOクリック証券が31万口座と続きます。こちらの増加率1位は前月と同じくDMM.com証券でプラス1.57%となっています。

取引高の1位はGMOクリック証券。8月は77.4兆円ということで前月の103.6兆円を大きく下回りました(100万通貨を1億円として換算)。2位はDMM.com証券、3位はサイバーエージェントFXです。やはり全体的に取引高は減少しているようで、2社以外は軒並み減額となっています。

どうやら口座数は依然として増えているものの、取引高は減少傾向にあるようです。世界的にリスクオフの流れがでてきて、リスクが取りにくい状況下でレバレッジも減らしての売買が多かったのかもしれません。

FX業者のランキングは個人のトレードには直接の関係はありません。しかし、順位は取引手数料・スプレッドなどの取引コスト、初心者向けのコンテンツ、画面の使いやすさ、高機能取引ツールの充実度などすべてが反映しているはずです。

そういった内容が関係しているのであれば、FX投資をする者としてこちらのランキングは知っておいても損はないでしょう。まだランキング上位のFX業者に口座を持っていない方は、ぜひ口座開設を検討してはいかがでしょうか。

GMOクリック証券」 フォレックス・マグネイト社調べでは取引高世界第1位
DMM.com証券」 フォレックス・マグネイト社調べでは取引高世界第2位
サイバーエージェントFX」 フォレックス・マグネイト社調べでは取引高世界第3位
外為どっとコム」 口座数No.1の老舗FX業者
posted by クサナギ at 23:21 | FXのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツイッターはじめました

いつもありがとうございます。管理人のクサナギです。

このたび、ツイッターをはじめました。FXの為替レートの変動や関連ニュースなど、即時性の高いものをツイートしていこうと思います。また、ブログ記事の更新情報も載せていきます。右側サイドバーに設置しているので、ぜひ「フォローする」からフォローしてください。お願いします。

■ ツイッターってなに?

ツイッターとは、140字以内で好きなことをつぶやける「無料簡易ブログ」です。いまやっていることやいる場所を知人や友人に伝えたり、簡単に気に入った記事を紹介したりすることができます。また、他のツイッターをやっている人とつながることもできます。

最近アメリカで、運営企業の株式上場申請が出されてとても話題になりました。投資家にも期待されているのか、アメリカでツイッターによく似た株式市場における名称(ティッカーと言います)の会社が間違って買われ、急上昇した出来事は目に新しいです。それくらい今が旬のアツイ企業ということなのでしょう。

■ フェイスブックの登場によりオワコンに?

オワコンとは「終わったコンテンツ」、つまり人気の廃れたコンテンツのことです。フェイスブックの登場により、ツイッターは最近は人気が以前ほどなくなったと言われています。

しかし、誰でも簡単にアカウントの作成ができて、パソコンからもスマホからも思い立ったときすぐに投稿できるツイッターは、従来のブログに比べてとても敷居の低い良質なサービスです。実際に老若男女、多くの人が参加しているようです。

もしあなたがまだツイッターをしていないなら、ぜひ始めてみてはいかがでしょうか。そして、できればこのブログ(の管理人クサナギのツイッターアカウント)をフォローしてください。ぼくもフォローし返します。お互いに今日のひとことを交換したり、情報共有したりしませんか?

あなたのツイッターへの参加を待っています。
posted by クサナギ at 00:22 | サイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。