2013年08月13日

FXの指標 − 2013年8月14日(水)

2013年8月14日(水)のFX経済指標は以下のとおりです。

・ (英) 英中銀(BOE)金融政策委員会(MPC)議事録
・ (英) 7月失業率
・ (英) 7月失業保険申請件数
・ (米) 7月生産者物価指数(PPI・PPIコア)[前月比/前年比]
・ (ユーロ) 第2四半期GDP(速報)[前期比/前年同期比]

上記の他にドイツの第2四半期GDP(速報)などもあり、14日は注目すべき経済指標の発表が多いようです。アメリカのPPI、イギリスのBOE議事録の公表などは重要です。

経済指標の発表では予想とくらべてどうかという点が為替マーケットに影響を与えますが、ただ、為替が動いたあとに「指標が影響した」という結果からの専門家のコメントはそのまま受けとめない姿勢が賢明だと思います。

常に自分の頭で考え行動することが、マーケットで失敗しない秘訣だと感じています。
posted by クサナギ at 23:16 | FXの経済指標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。