2013年08月14日

FXの含み益に税金はかかる?

FXの税金のうちで気をつけなければいけないのが、「知らないうちに発生している利益」にかかる税金です。知らないうちに利益が発生するなんてあり得るの?と思うかもしれませんが、実際に起こることです。

FXの利益には2つあります。ひとつは「売買益(為替差益)」、もうひとつは「スワップ金利」です。

ひとつめの為替差益は売却(反対売買)時に確定するというイメージがありますが、FX業者の中には日々ポジションを決済して日ごとの利益を確定しているところがあります。わかりにくいかもしれませんが、簡単にいうと「自分では反対売買による決済をしていなくても、日々利益が確定されている」場合があるということです。

その場合、見かけ上は反対売買していないので含み益(確定していない利益)があるとしても、決済自体はされているので利益が確定されていることになります。そのために利益が発生します。

ふたつめのスワップ金利についても同じ理由で、反対売買による決済をしなくても利益が確定されている場合があります。利益は確定された段階でその年の申告対象となるので、確定申告が必要になります。

これらの決済についての決まりはFX業者によって違いがあり、下記の3パターンが考えられます。

(1) スワップ金利だけ決済されている
(2) スワップ金利も為替差益も決済されている
(3) スワップ金利も為替差益も決済されていない

この違いはそれぞれのFX業者のサイトで調べることができると思います。自分が利用しているFX業者がどの方法を用いているかによって、税金を支払う(確定申告する)タイミングが変わるので注意しましょう。
posted by クサナギ at 21:09 | FXの税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。