2013年08月18日

FXのレバレッジとは?

外国為替証拠金取引(FX)では「レバレッジ」が使えます。レバレッジとは何でしょうか?

FXでは少額の資金しか持っていなくても、その25倍までの金額なら取引ができます。たとえば4万円の証拠金(保証金)を差し入れることで、100万円の取引が可能です。1ドル100円と仮定すると、4万円で1万ドル(100万円)の取引ができるのです。これがレバレッジです。

レバレッジを利用した取引には、為替レートの少ない上昇で利益が大きく取れるというメリットがありますが、逆に少ない下落で損失も大きくでるというデメリットがあります。

たとえば10万円を証拠金として100万円(1万ドル)の取引をした場合、レバレッジは10倍です。1%上昇して101万円になれば、為替レートは1%の上昇ですが、自分の利益率としては10%(10万円を使って1万円の利益)です。逆に1%下落して99万円になれば、10%の損失です。

FXのもうひとつの魅力「スワップ金利」も同じです。レバレッジをかけて数倍の取引をすれば、レバレッジをかけない(レバレッジ1倍)で取引した場合とくらべて、受け取るスワップ金利も数倍になります。

現在は規制により、個人投資家はレバレッジ25倍が上限となっています。自分のリスク許容度を考えてレバレッジをかけることが大事です。また、人間は自信過剰になりやすい性質があるといいます。特にFX初心者は、最初のうちはリスク許容度の上限ではなく、それよりもいくらか下のレバレッジで取引をするのがいいでしょう。
posted by クサナギ at 14:04 | FXの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。