2013年08月27日

サイバーエージェントFXがタブレット取引ツール「iPad Cymo」提供を発表

サイバーエージェントFXの外貨exが、タブレット用の取引ツール「iPad Cymo」のアプリケーション提供を開始すると発表しました。9月下旬からApp Storeから無料ダウンロードできる予定とのことです。

株式会社サイバーエージェントFX(以下、「当社」という。 本社:東京都港区 代表取締役社長:伊藤雅仁)は、当社が展開する外国為替証拠金取引サービス「外貨ex」に対応したFX取引ツールタブレット向け「iPad Cymo」のアプリケーション提供を開始致します。 尚、本アプリケーションは9月下旬よりApp Storeより無料でダウンロードできます。
http://www.cyberagentfx.jp/gaikaex/news/892

Cymoシリーズの機能性をそのまま維持し、タブレットの特徴である大画面をいかして多くの情報を載せる等の利便性強化がおこなわれており、また、iPad特有のタップ1つで取引や画面移動がスムーズにできる仕様のようです。対象機種はiPad2以降(iPad miniにも対応)で、OSはiOS6以上で利用できます。

操作性など具体的な取引機能でいまわかっていることは、下記のとおりです。
  • チャート付き注文画面で、画面移動なく、リアルタイム描画のチャートを見ながら注文可能
  • タブレット特有の画面の向きの認識もおこなわれ、画面に合わせた最適なレイアウトを表示
  • チャートと価格ボードは、タップすることで表示領域を拡大できる
  • クイック入金サービスもアプリ画面上で完結できる
1日中パソコンの前に座っていられないサラリーマンの方などには便利なアプリだと思います。個人的には日中はあまり取引はしないのですが、外出時や相場の急変時などにサッと取り出してどこでも対応できるというのは嬉しいですね。
posted by クサナギ at 09:55 | FXのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。