2013年08月28日

FXのリスク

投資にはリスクがつき物ですが、FXにも当然リスクがあります。リスクというのはイヤなものですが、実はリスクがあるからこそリターンもあるわけなので、そのリスクとの付き合い方が重要なのです。ここでは、おもなリスクを説明します。

■ 為替変動リスク

為替の変動(値動き)によるリスクです。FXでは、自分が想定したのと別の方向に為替が動いたときに損失が発生します。レバレッジ(資金以上のお金を運用すること)を数倍、数十倍というように大きくしていると、さらにリスクは大きくなります。

証拠金(資金)と相談しながら、適切なレバレッジの設定が必要です。

■ 金利変動リスク

金利変動によるリスクです。FXにはスワップ金利といって、金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買う(高金利の通貨ペアの買いをする)と、その金利差によって保有する日ごとに利益がでます。

しかし、金利差は各国の政策金利の変動によって変わるので、スワップ金利の金額も変動します。また、金利の高い通貨を売って低い通貨を買うと、逆にスワップ金利を支払う必要がありますが、これも金利変動によって支払が大きくなるというリスクがあります。

スワップ金利もレバレッジによって数倍、数十倍とすることが可能ですが、為替変動リスクと同じく適切なレバレッジの設定が必要です。

■ システムリスク

自分のインターネット接続環境や、FX業者のサーバ環境にもリスクはあります。証拠金を割り込むような為替変動が起きたとき、自分のネット環境しだいでは素早くトレードができない場合があります。

また、FX業者には証拠金以上の損失がなるべくでないように、自動的に損失を限定する「ロスカット」という機能が備わっていますが、相場の急変やトラブルなどによりロスカットがうまく働かない場合もあります。

システムへの過信は禁物です。

■ カントリーリスク

保有している通貨のリスクもあります。その国の政治・経済・社会環境の変化によって損失がでることがあります。一般的には、先進国よりも新興国などでカントリーリスクが高いと言われています。

これらのリスクのほかに、FX業者で信託保全がきちんと行われているか?ということも確認する必要があります。信託保全とは、FX業者が自己の財産と顧客の証拠金とを区分して管理し、FX業者に万が一のことがあっても資金が戻ってくる仕組みのことです。

信託保全は義務付けられているので基本的には安心ですが、自分が口座開設するFX業者がどこの信託銀行等と信託契約をしているのかなど、最初に把握しておくことは大事だと思います。

FXにはこのように多くのリスクがありますが、利益はリスクがあるからこそ生まれるものです。リスクと上手く付き合って、負けない投資、大損しない投資で市場に生き残り続けましょう。
posted by クサナギ at 22:37 | FXの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。