2013年09月08日

FXのデモトレードはやるな!たった100円の実践取引で感覚を身につけよう

FXには「デモトレード」(デモ取引、バーチャルトレード)というものがあります。リスクのある実践取引の前に、デモ体験してFXについて理解を深めてもらおうという目的で、各FX業者でバーチャルトレード環境を整えています。

デモトレードは初心者の方には有効な部分もありますが、実践の前にどっぷりバーチャル取引の世界につかるのはオススメしません。それはなぜか。よく語られるデモトレードのメリットからその理由を説明します。

デモトレードのメリットとしては下記のものがあるとされます。
  • 取引の感覚を身につけられる
  • 成功トレード、失敗トレードのパターンを学習できる
  • 仮に大きな損失をしても現実の資金は減らない
  • FXのリスクを身をもって体感できる
ぼくは、これらのメリットがそのまま実際の取引においてデメリットになる思います。実践してみないと実際の約定スピードやスリッページなどはわかりません。だから取引の感覚が身につくというのは難しいでしょう。

また、リスクのない状況下でトレードしても痛みがありません。痛みがなければ、人間は学習しません。失敗が痛烈にココロに残るから、今度は失敗したくないと思うから、人間は学習しようとします。努力をするのです。

失敗しても資金が減らないデモトレードではそれがないため、実践にはあまり役立たないと思います。もちろん全く意味がないわけではありません。初心者の方が為替レートの動き方やその見方、注文発注の方法など一連の流れを覚えるのには適しています。

でも、デモトレードを長くやるのはキケンです。取引の方法は覚えても、実践感覚は身につかないし、また実際の取引のリスクを甘く見るクセがつく可能性があるからです。

FX業者の中には1,000通貨や100通貨から取引できるところもあります。最も取引単位を小さく設定している「SBI FXトレード」なら、なんと1通貨から取引可能です。1ドル100円で計算すると、100円で取引できるのです(レバレッジ1倍で計算)。これって、スゴクないですか?

ぼくはデモトレードよりも、実践取引が有効だと思います。初心者の方が、資金が目減りするリスクを小さくしたいなら、デモトレードではなくSBI FXトレードで実践取引をすることをオススメします。

<< SBI FXトレードの口座開設はこちら >>

※ ちなみに今なら「ワンコインから始まるFX物語!」と題して、新規口座開設した方に100円をプレゼントしてくれます(開設したFX口座へ入金されます)。実質無料で、デモトレードではなく実践ができます。9月30日までの期間限定。お早めに。
posted by クサナギ at 10:33 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。