2013年09月16日

消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)

物価に関する経済指標として「生産者物価指数(PPI)」と「消費者物価指数(CPI)」があります。物価が上がりインフレになれば、それを抑えるために中央銀行は金利を引き上げ、逆にデフレになれば金利を引き下げます。

物価に関する経済指標は、金利に直接影響を与える大きな材料なので、外国為替市場に参加する多くの投資家が注目しています。

■ 生産者物価指数(PPI)

アメリカ国内製造業者の約10,000品目を調査して、売り手側の販売価格、つまり生産者の卸売り価格を指数化したものです。分類としては、原材料・中間財・最終財があります。価格変動が大きい食品やエネルギー部分を除いた「コア指数」が特に重要視されます。

月次の数値が発表されます。発表日時は、毎月15日前後の木・金曜日、日本時間22時30分(夏時間では21時30分)です。

■ 消費者物価指数(CPI)

消費者が商品やサービスを購入する価格を指数化したものです。生産者物価指数が売り手側の価格をあらわしているのに対して、消費者物価指数は買い手側の価格をあらわしています。こちらも、食品やエネルギー部分を除いたコア指数が重要視されます。

金融当局が政策をすすめるのに最も重要視されるもののひとつで、「経済の体温計」とも呼ばれています。生産者物価指数よりも、こちらの消費者物価指数のほうが外国為替市場に与える影響も大きいとされています。

月次の数値が発表されます。発表日時は、毎月15日前後の日本時間22時30分(夏時間では21時30分)です。
posted by クサナギ at 14:40 | FXの経済指標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。