2013年09月17日

FXと感情のコントロール

FXでは感情のコントロールが大事です。たとえば、ここに高確率で勝てるトレードルールがあるとします。ルールどおりに取引すればだいたい勝てるのです。それなのに、そのルールを使って取引する人間には感情があり、ルールどおりに取引できないということが起こります。結果、負けます。

つまり、感情がジャマして損切りを遅くしてしまったり、利益確定を早めてしまったりして、結果的に損失の方が大きくなってしまうということが起こるのです。そんなわけない、と思うかもしれませんが、多くの投資家がこのワナにハマってしまっています。

その理由は単純です。人間は快感を得るか、苦痛から逃れる行動しかとりません。FXにもこれは適用されます。利益がでていればそれを早く実現して快感を得ようとしてしまい、逆に損失がでていればその状態から逃れたい(利益がでる為替レートまで戻してほしい)がために損切りが遅れてしまうのです。

この感情をコントロールできればFXで勝てるとは思いませんか?多くの投資家はFXのセンスがないのではなく、ルールを守る精神的な強さが不足しているのだと思います。もちろん、僕も含めてですが(…あまり他人のことは言えません)。

つまり、FX取引で負けないためには、外国為替市場で大損しないためには、感情のコントロールが不可欠なのです。そもそも相場は自分の感情とは無関係に動きます。感情で取引をしていては、いつまでたってもルールどおりの運用をした場合の結果を得ることはできません。

FXのトレードが上手くいかない、以前より上手くいかなくなったという場合は、一度自分の感情面に目を向けてみるのもいいかもしれません。取引のテクニカルな部分よりも、感情にフォーカスすることで良い結果を生むキッカケが見える可能性があります。

FXは市場に関する情報、トレードの精度、感情のコントロールがそろって勝てるようになるのだと思います。
posted by クサナギ at 23:20 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。