2013年09月22日

FXのスワップ金利運用のポイント

FXでスワップ金利目的で投資をする場合、何に気をつければ良いでしょうか。ぼくの投資スタイルはスキャルピングやデイトレというトレードタイプですが、為替市場にはいろいろな投資家が参加しています。

その中で、為替に少しでも影響を与える存在は、たとえ自分の投資スタンスに合わないものでもある程度は知っておくことがのぞましいでしょう。というわけで、スワップ金利を目的としたFX投資についても考えたいと思います。

スワップ金利の運用について単純に考えて結論をだすと、下記のような項目に気をつけるべきです。
  • スワップ金利の高いFX業者を選ぶこと
  • 長期保有をすること
  • レバレッジは低め(1倍が理想)で運用すること
  • 1,000通貨単位など少額取引が可能であること
  • FX業者の安全性(自己資本規制比率)が高いこと
スワップ金利が高いFX業者を選ぶことと長期保有をすることはこの運用法の前提です。もちろん、金利は変動するもので最高値をだすFX業者も変動はあるでしょうが、なるべく安定的に高いところを選ぶのが大事です。

レバレッジは低め良いでしょう。大きくレバレッジをかけると相場の急変時にロスカットなどに見舞われる可能性が高くなります。長期保有が前提なので、ロスカットはもってのほかです。できるならば1倍に設定しましょう。

1万通貨単位よりは1,000通貨単位から取引できる方が有利です。複利運用の観点からは、初期投資額と継続投資額が大きければ大きいほど資産が雪だるま式に増えていくからです。

スワップ金利がでたときに買い増しがしやすい少額取引可能なFX業者えらびをしましょう。ちなみに「SBI FXトレード」は1通貨単位の取引ができます。取引コストも非常に小さくできるのでオススメです。

最後になりますが、安全性は重要です。長期保有をするため、万が一が起きる可能性の少ないFX業者を選びましょう。スワップ金利運用では為替変動リスク、業者の信用リスクはなるべく取らないことが肝心です。
posted by クサナギ at 11:45 | FXの勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。