2013年09月26日

RSIとは?

FXのテクニカル分析の指標のひとつに「RSI」があります。RSIは「Relative Strength Index」の略称で、日本語では「相対力指数」といいます。その為替レートが買われ過ぎているのか、売られ過ぎているのかを数値化したもので、オシレーター系の代表的な指標です。

RSIは、相場の天井と底からの転換を探るのに使われるもので、ある一定期間の為替レートの変動幅に対する上昇幅の割合を求めて、買われ過ぎか売られ過ぎかを判断します。「ある一定期間」には一般的に14日間が使われますが、9日間を使う場合などもあります。RSIの値は下記の式で求められます。

( [ 14日間の上昇幅の合計 ] ÷ ( [ 14日間の上昇幅の合計 ] + [ 14日間の下落幅の合計 ] )) × 100(%)

たとえば、14日間のあいだで前日比プラスだった日の上昇幅の合計が200銭、前日比マイナスだった日の下落幅の合計が100銭(−100銭ということ)だった場合、200を300(200+100)で割り、RSIは66.7%と算出されます。

下記に、RSIの使い方と注意点を列記します。
  • 30%以下は売られ過ぎ、70%以上は買われ過ぎ
  • レンジ相場での転換点の判断には比較的有効とされる
  • トレンドが継続した相場ではあまり機能しない
  • トレンドの転換点ではダマシが多い傾向がある
  • 逆行現象(ダイバージェンス)は要注目
RSIは逆張りの指標です。個人的には、30%以下になったらすぐに買うのではなく、30%以下になりその後再度30%を超えるタイミングで買い、70%を超えたら売るのではなく再度70%を下回ったら売りが良いと思います。しかしその方法だと利幅が少なく、また売買タイミングが遅れる可能性もあります。

RSIは一定の変動幅内の値動きを繰り返すレンジ相場では比較的有効に働くとされていますが、一方的に上昇する、あるいは下落するトレンド継続の相場ではほぼ無効状態です。また、トレンドが転換するシーンではダマシがでる場合があります。

RSIと為替レートのトレンドが逆になることがあり、「逆行現象(ダイバージェンス)」と呼びます。たとえば為替レートは継続的に上昇しているのに、RSIは逆に下落基調というときです。この場合、その後の為替はRSIと同じ方向に動く可能性が高いとされています。

RSIはオシレーター系の代表的な指標のひとつですが、指標を過信しないこと、他のテクニカル指標と組み合わせて使うことがポイントです。
【 テクニカル分析の最新記事 】
posted by クサナギ at 00:27 | テクニカル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。