2013年09月28日

投資スタイルと性格は関係ある!?

FXとは直接関係ない話ですが、昔、株式投資関係のオフに参加した際に、投資スタイルには性格があらわれる、ということを力説する人がいました。彼の投資スタイル別性格分析は下記のとおりです。

■ デイトレーダー

短期である。食事やお風呂など、生活全般やることが早い。歩くのも早く、エスカレーターは必ず留まらずに歩いて上り下りする。買い物時にレジでの会話は必要最小限にとどめる。レシートはすぐに捨てて持ち帰ることはない。運転は荒い傾向がある。

あまり深く考えず、衝動的な傾向がある。外食の際に人気店の行列に並ぶよりも、味は落ちても早く入れる店を選ぶ。短時間睡眠である。理系が多い。

■ 中長期投資家

穏やかである。食事はゆっくり咀嚼して食べる。入浴も長風呂の傾向がある。歩くのは比較的ゆっくりで、エレベーターではボタンを押す位置にいることが多い。買い物のときは決断は早いが、特に店員を急かすことはない。運転は静かで上手い。

なにごとも慎重に時間をかけて考えたうえで判断する。早めに就寝し、ロングスリーパーの傾向がある。外食する際は、味や雰囲気、客層などを含めて総合的に選び、価値が高いと判断すれば行列に並ぶこともいとわない。

以上ですが、どうでしょうか。ぼくはこれを聞いたとき思わず吹き出してしまいました。ずいぶんと偏った考え方だったので、もしかしたら過去にデイトレーダーと揉め事があったのではないかとすら思ったほどでした。もちろん、彼は長期投資家でした。

投資家はこの2つのタイプに単純にわけられるわけではないし、性格が投資スタイルに影響することはあるかもしれませんが、逆はないとも思います。彼の考え方は極端すぎるし、片方を見下したような言動だったのでまったく支持できないなあ、と感じました。

FXでもスキャルピングをやる人、スイングトレードをやる人、スワップポイント目的で長期保有する人などさまざまですが、投資スタイルだけで人を判断することなどできないでしょうね。いろんな人が参加する世界最大の外国為替市場を今後も楽しみたいと思います。
posted by クサナギ at 19:53 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。