2013年10月01日

アメリカ政府期間閉鎖決定!ドルが売られ円高進行中

アメリカ議会で現地時間(東部標準時)9月30日までに暫定予算が成立しませんでした。予算不成立のまま新会計年度に突入したため、米政府機関の一部閉鎖が決定しました。現在ドル/円は97円80銭台の取引となっており、ユーロ/ドル・ポンド/ドル・豪ドル/ドルなど他通貨ペアを見てもドルが売られているようです。

別の記事でも書いたとおり、米政府機関閉鎖は今回が初めてではありません。クリントン政権時代にもそれより以前にも何度も起きていることです。そのためアメリカ政府にはノウハウもあり、大きな問題とはならないと見る向きも多いようです。

たしかに短期的な閉鎖でとどまれば実質的な問題もあまり起こらないかもしれません。しかし、前回のFOMCでの金融緩和縮小の見送りによるFRBへの信任低下、次期FRB議長選びに関するゴタゴタによるオバマ大統領への信任低下、そして今回の予算案不成立による議会への不安感。これらから円高リスクは高まっていると思います。

ドル円の長期的なトレンドとしては円安方向に振れるだろうと考えていますが、少なくとも短期的には円高になるでしょう。そうなると株式市場にも影響があるかもしれません。為替相場への影響は言うまでもありません。

FX投資には為替変動リスクのほかに、こういった政治関連のリスクがあります。今回の米政府機関閉鎖にともなって経済指標発表の遅れなどがでる可能性もあり、スキャルピングやデイトレでは投資タイミングが難しくなっていると考えられます。

休むも相場といいますので、難しい状況ではFX取引を休むのもいいかもしれません。もちろん変動幅の大きい相場は利益を狙うにも良い相場ではあります。しかし、それは一部の上級者にまかせて、今後の糧とするためにFX相場の外から為替の動きを眺めるのがオススメです。
posted by クサナギ at 21:21 | FXのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。