2013年10月06日

SBI FXトレードがドル/円の基準スプレッドを縮小!

初心者にやさしく、1通貨単位で取引できるFX業者「SBI FXトレード」が、明日7日からドル/円の基準スプレッドを縮小することを発表しました。もともと業界最狭水準としてかなり低めに設定されていましたが、より取引コストが安くなります。

取引通貨単位ごとのスプレッドは以下のとおりです。
  • 1〜1万通貨 : 0.29銭 → 0.27銭
  • 10,001通貨〜 : 0.48銭 → 0.45銭
  • 50,001通貨〜 : 0.78銭 → 0.58銭
  • 300,001通貨〜 : 0.78銭 → 0.58銭
  • 500,001通貨〜 : 0.78銭 → 0.58銭
  • 1,000,001通貨〜 : 0.99銭 → 0.78銭
  • 2,000,001通貨〜 : 1.19銭 → 1.15銭
  • 5,000,001通貨〜 : 4.00銭 → 3.80銭
そこまで大きな変更とは感じないかもしれませんが、0.02銭でも下げるというのはFX業者にとってはかなりの手数料収入の変動があると考えられ、大きな決断が必要だったと思われます。投資家のほうを向いている証拠ではないでしょうか。

ただ、FX業者をスプレッドなどの取引コストだけで決めてはいけません。画面の見やすさ、取引ツールの使いやすさ、サポートなども含めて総合的に勘案することが肝心です。取引手数料だけ安くても、約定力が弱ければ実質的なコストは安くはなりません。

やはり最終的には自分で使ってみて合うかどうかということも大事だと思います。SBI FXトレードでは1通貨単位から取引が可能で、デモトレードではなく実際の提供為替レートでトレードを試してみることがカンタンにできます。

ほとんどリスクを取ることなく、相場変動に合わせた提供為替レート(スプレッド)を試すことができるので、初心者にとって嬉しいですし、少額取引ではじめたい人には特にオススメです。

<< SBI FXトレードの口座開設はこちら >>
posted by クサナギ at 12:18 | FXのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。