2013年10月10日

次期FRB議長にイエレン氏指名!初の女性議長誕生か!?

オバマ米大統領が推していたサマーズ氏が指名に対して事前に辞退。そのことで少しゴタゴタ感のあった次期FRB議長指名の件ですが、ようやく落ち着きました。FRB副議長のジャネット・イエレン氏が指名されました。議会で承認されれば、FRB史上初の女性議長が誕生します。

イエレン氏は現在の連邦準備制度理事会(FRB)の副議長。1994年から97年にFRBの理事になり、97年から99年にはクリントン大統領の大統領経済諮問委員会委員長をつとめ、さらに2004年からはサンフランシスコ連邦準備銀行の議長をつとめました。経験豊富です。

2001年ノーベル経済学賞を受賞したジョージ・アカロフを夫に持ち、彼女自身は大学時代に失業に関して専門に学んでいます。そのため、インフレーションよりも失業に関心を持っているようです。

今後の政策としては、バーナンキFRB議長の金融緩和政策を引き継いで、ハト派的な政策を進めるのではないかと見られています。これにより、金融緩和縮小は先延ばしになるのではないかという見方もあります。

今回の指名を受けてかどうかはわかりませんが、為替市場ではドル/円が上昇。最近の米政府機関閉鎖や債務上限引き上げ問題などで売られていたドルが買い戻されているようです。

以前はハト派のイエレン氏が次期議長になれば円高が進むと見られていましたが、最近のアメリカ議会のゴタゴタの中で下げたドルは、次期FRB議長の指名によって安心感から一時的に買われたと見るくらいが良いかもしれません。

イエレン氏は金融緩和縮小を早期にはしないということで市場のコンセンサスは固まりつつあるようですが、実際にはわかりません。FXに絶対はないので、最も実現しそうなシナリオを想定しつつも、リスク管理をおこなうことが大事です。

米政府機関閉鎖が長引かない、また短期的にでも債務上限引き上げがなる可能性がある、ということが報道されていますが、まわりの情報は利用しつつも妄信せずに自分の判断をしっかり持ってFX投資をおこなっていきましょう。
posted by クサナギ at 22:24 | FXのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。