2013年11月30日

【FX雑感】アメリカの景気回復と金融緩和縮小、ドル円100円超え

おひさしぶりです。クサナギです。11月になってあまり更新していませんが、為替相場はきちんと見ています。というわけで、久しぶりに雑記的に書いていきます。

アメリカの債務上限引き上げ問題が(一時的に)解決し、また金融緩和に関してハト派的と思われるイエレン氏が次期FRB議長としてメディアで放送されるようになり、さらにアメリカや日本の景気回復が経済指標からうかがえるようになってきましたね。そのせいか、ドル円は100円を超えてきています。

米国でも日本でも、為替だけでなく株式の方も活況のようで、ダウ平均が史上最高値を更新したり、日経平均が年初来高値をつけたりとずいぶんにぎわっています。外国人(おもに米国人)の株式の買付が大きいようで、やはり日本の株式市場はアメリカ次第というところがまだあるようです。

この流動性相場はバブルだと見る向きもあるようですが、個人的にはそうは思っていません。近所のおばさま方が「株がいいらしい」「FXがいいらしい」と言いはじめたら危険信号だと思うのですが、幸いまだそういった声は聞こえていないです。聞こえないのは、ただおばさんと話をしないからだけかもしれませんが…。

なんにせよ、株式市場が活況だと個人投資家の消費につながるかもしれませんので、景気回復のためにもこのまま上昇が続いていほしいところです。

さて、為替相場についてはドル円が節目の100円を超えて円安方向に進行中ですね。ファンダメンタルズ的には、アメリカの景気回復と金融緩和縮小の流れが当面の焦点となりそうですが、どの次期にどの程度の金融緩和縮小がおこなわれるのかいまだにわかりません。

それがわかれば苦労しないのですが、そんなカンタンにはいきませんね。ただ着実に足もとの景気回復は各指標で顕在化してきているところなので、こうなるとFOMCの方も段階的な金融緩和縮小をはじめざるを得ないのは確実でしょう。

金融緩和の後遺症に関して経済系の有識者の発言が目立ってきているのもそれを後押ししそうです。日本でも後遺症に関しては個人的に気になるところですが、黒田日銀総裁はそこらへんを上手くハンドリングしてくれると信じたいですね。

話がそれましたが、ドル円はテクニカル的には次の節目103円台に向けて足場を固めているところでしょうか。5月下旬ごろの高値103円台を突破すれば上昇トレンドは継続するとみていいと思うのですが、ここで跳ね返される可能性もあります(すべて個人的な見解です)。

今回の相場はテクニカルよりはファンダメンタルズを重視した方が良い局面だと思いますが、どちらの指標を重視するにせよ、ハッキリとわからない場合は機動的な売買とリスクヘッジによって、慎重にFX取引をおこなっていきたいところです。

というわけで非常にとりとめなく書いてしまいましたが、今後も外国為替市場を注視していきたいと思います。FXで負けないためには、まずは市場を知ることが大事ですからね。今年も残すところあと1ヶ月ですが、慎重さを忘れずに、2013年のFX取引のラストスパートをかけましょう。
posted by クサナギ at 15:21 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。