2013年11月30日

【FX雑感】アメリカの景気回復と金融緩和縮小、ドル円100円超え

おひさしぶりです。クサナギです。11月になってあまり更新していませんが、為替相場はきちんと見ています。というわけで、久しぶりに雑記的に書いていきます。

アメリカの債務上限引き上げ問題が(一時的に)解決し、また金融緩和に関してハト派的と思われるイエレン氏が次期FRB議長としてメディアで放送されるようになり、さらにアメリカや日本の景気回復が経済指標からうかがえるようになってきましたね。そのせいか、ドル円は100円を超えてきています。

米国でも日本でも、為替だけでなく株式の方も活況のようで、ダウ平均が史上最高値を更新したり、日経平均が年初来高値をつけたりとずいぶんにぎわっています。外国人(おもに米国人)の株式の買付が大きいようで、やはり日本の株式市場はアメリカ次第というところがまだあるようです。

この流動性相場はバブルだと見る向きもあるようですが、個人的にはそうは思っていません。近所のおばさま方が「株がいいらしい」「FXがいいらしい」と言いはじめたら危険信号だと思うのですが、幸いまだそういった声は聞こえていないです。聞こえないのは、ただおばさんと話をしないからだけかもしれませんが…。

なんにせよ、株式市場が活況だと個人投資家の消費につながるかもしれませんので、景気回復のためにもこのまま上昇が続いていほしいところです。

さて、為替相場についてはドル円が節目の100円を超えて円安方向に進行中ですね。ファンダメンタルズ的には、アメリカの景気回復と金融緩和縮小の流れが当面の焦点となりそうですが、どの次期にどの程度の金融緩和縮小がおこなわれるのかいまだにわかりません。

それがわかれば苦労しないのですが、そんなカンタンにはいきませんね。ただ着実に足もとの景気回復は各指標で顕在化してきているところなので、こうなるとFOMCの方も段階的な金融緩和縮小をはじめざるを得ないのは確実でしょう。

金融緩和の後遺症に関して経済系の有識者の発言が目立ってきているのもそれを後押ししそうです。日本でも後遺症に関しては個人的に気になるところですが、黒田日銀総裁はそこらへんを上手くハンドリングしてくれると信じたいですね。

話がそれましたが、ドル円はテクニカル的には次の節目103円台に向けて足場を固めているところでしょうか。5月下旬ごろの高値103円台を突破すれば上昇トレンドは継続するとみていいと思うのですが、ここで跳ね返される可能性もあります(すべて個人的な見解です)。

今回の相場はテクニカルよりはファンダメンタルズを重視した方が良い局面だと思いますが、どちらの指標を重視するにせよ、ハッキリとわからない場合は機動的な売買とリスクヘッジによって、慎重にFX取引をおこなっていきたいところです。

というわけで非常にとりとめなく書いてしまいましたが、今後も外国為替市場を注視していきたいと思います。FXで負けないためには、まずは市場を知ることが大事ですからね。今年も残すところあと1ヶ月ですが、慎重さを忘れずに、2013年のFX取引のラストスパートをかけましょう。
posted by クサナギ at 15:21 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年10月28日

明日はサイバーエージェントFXのオプトレ!解説セミナー

最近、FXよりも人気が出てきているのではないかと思われる金融商品「バイナリーオプション」。初心者でも簡単に取引できる反面、もちろんリスクもあります。

そんなバイナリーオプションを名称「オプトレ!」として9月24日にサービスインしたばかりのサイバーエージェントFXより、「オプトレ!」のオンラインセミナーの案内が届きました。無料で誰でも参加可能なので、興味のある方はぜひ。

「大橋さんとオプトレ!学ぼう」オプトレ!解説セミナー
開催日時 2013/10/29(火) 18:00〜(17:30ログイン開始)
講師 フリーアナウンサー大橋ひろこ氏、株式会社サイバーエージェントFXエバンジェリスト遠藤寿保氏
定員 不明(なし?)
申込 申込不要(当日参加可能)
参加費 無料
フリーアナウンサーの大橋ひろこ氏は、ラジオNIKKEIやフォレックスラジオなどの金融関係の番組でレギュラーキャスターをつとめる方です。その方と、FXコラム執筆・セミナー活動等をおこなっている遠藤寿保氏が、今回の講師。

バイナリーオプションとは最近人気の出ている金融商品で、一定時間後の為替レートを予測して取引をおこなうというものです。サイバーエージェントFXでは今年9月にサービスを開始し、その後17営業日でオプション購入金額累計1億円を突破するという人気を得ています。

バイナリーオプションに興味があるけどよくわからないという方、オプトレ!をやってみようと思っている方は見て損はないのではないでしょうか。少し早い時間帯なのでサラリーマンの方などは見れないかもしれませんので、今後、再放送などしてもらえると嬉しいですね。

<< 「大橋さんとオプトレ!学ぼう」オプトレ!解説セミナー >>
posted by クサナギ at 23:09 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年10月15日

雑誌で紹介されていたFXトレード手法

月刊ビッグ・トゥモロウ(BIG tomorrow)2013年11月号を読みました。この雑誌ではサラリーマンが副業で稼ぐためのコンテンツを中心にマネー系の情報を掲載しています。

ネットビジネスについての記事も多いのですが、その中には当然、株式投資やFXに関するものもあります。今回もFXについて「トラリピ」(トラップリピートイフダン:FX業者マネースクウェア・ジャパンが提供する注文方法)を使ったものと、カリスマFX投資家のトレード手法を取り入れた方法が紹介されていました。

「トラリピ」とは、マネースクウェア・ジャパンで提供されている注文方法です。最初に設定してしまえば、あとは同じ注文をリピートしてくれるというもの。たとえば「ドル/円を97円買い指値、98円で売り指値」と設定すれば、あとは24時間自動で売買してくれます。

この方法で「あふかりさん」という電機メーカー勤務のサラリーマン投資家の方は毎月5万〜10万円の利益を積み上げているとのこと。あふかりさんの投資法でもうひとつ紹介されているのが、カリスマ投資家の知恵を借りるというもの。

具体的には「為替王」さんと「マーフィー」さんという2人の方の方法を取り入れているとのこと。これに関しては書籍や教材で学んだということなので、もしかしたら一部高額の教材もあるかもしれません(詳細は調べていませんのであしからず)。

FXで勝つためにはプロの教え(書籍や教材)も必要になるときもあると思います。しかし、高額なだけで中身の薄いものにはくれぐれも手を出さないように細心の注意を払うべきです(上記の2人のことを指しているわけではありません。念のため)。

上記の方法の詳細については、雑誌を読んでください。トラリピについては実践ブログやマネースクウェア・ジャパンのサイトをご覧ください。ちらっと検索してみましたが、実際に自身が設定している為替レートを公表しているブログも多数あるようです。

為替王さんとマーフィーさんについてもブログ等をしているので、興味がある方は一度見てみてください。

マネースクウェア・ジャパン
外国為替FXブログ【為替王】
マーフィーの最強FX投資法を伝授
posted by クサナギ at 23:29 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年10月01日

今日結論がでるアメリカの政府機関閉鎖問題

今日はいよいよアメリカの政府機関閉鎖が起きてしまうのかどうか、という問題についていったん結果が出ます。

米政府機関閉鎖は前回のクリントン政権時代以前から起きていたことで、アメリカ政府にはそれに対処するためのノウハウもあります。そのため、仮に政府機関閉鎖になったとしても大きな混乱は起きないかもしれません。しかし、FX相場には影響があると思います。

今回の事態は、米上院の医療保険制度改革(オバマケア)を盛り込んだ予算案が、野党である共和党が多数の下院で否決され、オバマケアの延期を盛り込んだ修正案が上院に戻される、という流れになっています。予算案の期限が日本時間の今日13時なので、それまでに可決されなければ米政府機関は閉鎖されます。

国民の安全に直接関係する軍などの連邦政府機関は大丈夫なようですが、中央省庁の一般事務、国立公園・国立博物館の入場、国税の還付、住宅ローンの公的保証などの機能が停止すると予想されています。

外国為替市場にはあまり大きなインパクトはないかもしれませんが、問題は議会がこじれていることです。今回の事態を受けて、今月中旬に迫っていると考えられる、債務上限引き上げがならなければ米国債デフォルトに陥る、というシナリオが現実味を帯びてきていることが問題なのです。

債務上限引き上げがならなければ、外国為替市場には非常に大きな影響があると考えられます。どれほどの規模になるかわかりませんが、世界を巻き込んだ金融ショックが起きることも考えられます。

FX(外為)投資にはいろいろなリスクが付き物ですが、基軸通貨であるアメリカドルへの信頼が揺らがないように、米議会には慎重にことを運んでほしいと願うばかりです。
posted by クサナギ at 10:26 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月30日

アメリカ政府機関閉鎖と債務不履行(デフォルト)リスク

先週末のNYダウ下落の流れと、アメリカの政府機関閉鎖の恐れ、債務上限引き上げ問題などを受けて株式市場は大幅に下落して今週の相場をスタートしました。アメリカの問題や週末に控えた雇用統計の発表などリスクを取らない理由が増えており、円高リスクが高まっています。

引き続きアメリカがゆれています。問題はふたつ。米政府機関閉鎖の恐れと、債務不履行(デフォルト)の可能性です。

このうち、来月17日まで猶予のある債務不履行の可能性については、債務上限引き上げが最終的にはおこなわれるだろうと思っています。アメリカ国債のデフォルトの影響はどれほどなのか、FX取引をするぼくらにどんな為替レートの変動を見せるのか、ちょっと予想できません。

しかし、こちらに関しては議会の妥協(調整)がおこなわれて、きちんと収まるところに収まるのだと思います。そうでなければ困ります。

問題は、明日の日本時間昼ごろには結果のわかる、米政府機関閉鎖の恐れの方です。下院では主権を握る野党・共和党が、通称オバマケアと呼ばれる医療保険制度改革の延期をもりこんだ修正案を可決。それが民主党多数の上院に戻され、否決。という流れを繰り返しています。

どちらもゆずらず、予算案は合意を得られないのではないかと考えています。米政府機関閉鎖はあり得るのではないかと。毎回定期的に繰り返されるこのようなやり取りは、決して笑って見ていられるものではありません。

政府機関閉鎖が仮に起きるとして、それは今回が初めてではありません。1995〜1996年にかけて2回起きていることです。しかし、その影響は非常に大きなものです。結果がわかるまでにすでに1日を切っていますが、はたしてどうなるのでしょうか。

FX取引はひとまずお休みして、様子見がいいかもしれません。
posted by クサナギ at 22:28 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。