2013年09月28日

投資スタイルと性格は関係ある!?

FXとは直接関係ない話ですが、昔、株式投資関係のオフに参加した際に、投資スタイルには性格があらわれる、ということを力説する人がいました。彼の投資スタイル別性格分析は下記のとおりです。

■ デイトレーダー

短期である。食事やお風呂など、生活全般やることが早い。歩くのも早く、エスカレーターは必ず留まらずに歩いて上り下りする。買い物時にレジでの会話は必要最小限にとどめる。レシートはすぐに捨てて持ち帰ることはない。運転は荒い傾向がある。

あまり深く考えず、衝動的な傾向がある。外食の際に人気店の行列に並ぶよりも、味は落ちても早く入れる店を選ぶ。短時間睡眠である。理系が多い。

■ 中長期投資家

穏やかである。食事はゆっくり咀嚼して食べる。入浴も長風呂の傾向がある。歩くのは比較的ゆっくりで、エレベーターではボタンを押す位置にいることが多い。買い物のときは決断は早いが、特に店員を急かすことはない。運転は静かで上手い。

なにごとも慎重に時間をかけて考えたうえで判断する。早めに就寝し、ロングスリーパーの傾向がある。外食する際は、味や雰囲気、客層などを含めて総合的に選び、価値が高いと判断すれば行列に並ぶこともいとわない。

以上ですが、どうでしょうか。ぼくはこれを聞いたとき思わず吹き出してしまいました。ずいぶんと偏った考え方だったので、もしかしたら過去にデイトレーダーと揉め事があったのではないかとすら思ったほどでした。もちろん、彼は長期投資家でした。

投資家はこの2つのタイプに単純にわけられるわけではないし、性格が投資スタイルに影響することはあるかもしれませんが、逆はないとも思います。彼の考え方は極端すぎるし、片方を見下したような言動だったのでまったく支持できないなあ、と感じました。

FXでもスキャルピングをやる人、スイングトレードをやる人、スワップポイント目的で長期保有する人などさまざまですが、投資スタイルだけで人を判断することなどできないでしょうね。いろんな人が参加する世界最大の外国為替市場を今後も楽しみたいと思います。
posted by クサナギ at 19:53 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXとアメリカ・日本の金融緩和問題

前回のFOMC(連邦公開市場委員会)で市場の注目を集めたアメリカの金融緩和縮小。FX取引においても金融緩和というテーマは影響の大きなものなので、投資家たちも注目していました。今回、金融緩和縮小が先送りされたことからリスクオンの動きが見られました。

しかし、短期的には市場にとってのプラス要因でも長期的にはマイナス要因ととらえる向きもあります。FOMC後に今後も流動性が高くとどまることを期待した買いが入ったようでしたが、すでに織り込んだ今は落ち着き、あるいはマイナス要因としてリスクオフの流れを感じるシーンも見受けられます。

アメリカの金融緩和縮小は将来的に必須事項です。そもそも、大規模な金融政策はそれをしなくても良くなることをめざしておこなうもので、それが長引くというのは経済が良くない状態であることの証左です。

問題はFOMCの迷走です。委員を含めたまわりの識者も、一方では縮小すべきだったとする向きもあれば、まだまだ縮小すべきではないとする意見もあります。しかし市場では、長期的な経済発展を見据えた金融政策がのぞまれる中で見送られた今回の経緯に、FOMCへの信頼が薄らいでいるムードを個人的には感じます。

アメリカでは債務上限引き上げ問題と、それに関してデフォルトリスクなどが話題になっています。しかし、最近の次期FRB議長候補の辞退やシリア問題に対する優柔不断な対応によってオバマ大統領への信頼があやしい状態になっており、議会でも難しい状況が見られるようです。

ドルの強弱だけでなく、FX取引においてアメリカの景気動向や金融政策、債務問題などはとても大事なことなので、今後も注目です。しかし、日本でアメリカの金融緩和縮小に関するゴタゴタが報道されるのは当たり前のことですが、日本でも「異次元の金融緩和」がおこなわれており、対岸の火事ではありません。

金融政策は出口を見誤ると、逆にのちのち経済に悪影響を与えることがあります。今回の政策の後遺症によって日本経済が機能不全に陥らないように、市場は当局に対する監視の目を持たなければいけません。
posted by クサナギ at 09:48 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月25日

FX初心者のポジポジ病と「休むも相場」

FX初心者がよく失敗しがちなこと、よく陥りがちなワナとして「ポジポジ病」があります。ポジポジ病のポジとは「ポジション」のこと。つまり、取引をしたくてしたくて、別に良いエントリーポイントでもないのに無駄にポジションを取ってしまう状態を言います。

FXの取引において、勝率が100%の投資家はいません。必ず負けは起こります。これはプロでも素人でも同じことです。もちろん、プロの方がより勝率は高いですが、問題は勝率ではありません。きちんと損を小さくして、利益を大きくできているか。つまり損小利大ができているかが肝心です。

FX初心者には、利益が出たらすぐに決済して利益確定してしまおうとする傾向があります。また逆に、損切り(ロスカット)ラインを下回っても「きっと戻るはず」と幻想を抱いて損失を膨らましがちです。これが大損のもとになっています。

この場合、感情がジャマすることによって決済の仕方(ポイント)を誤っているわけですが、そもそもエントリーポイント(新規ポジション建てのタイミング)を誤っていることもあります。勝つために厳しいエントリー基準を作っても、それを守れなければ意味がありません。

そもそも、大きく利益を取れるエントリーポイントというのはそんなに多くありません。特にFX初心者にとっては、それを見つけるのは難しいことだと思います。それならば、無駄にポジションを取って勝てない取引を繰り返すことは、絶対に避けなければいけません。

無駄な売買を繰り返すことは損失だけでなく取引コストも増やしてしまいます。スキャルピングやデイトレなどは反射神経がものを言うトレード手法ですが、それでも新規注文を出す前に「この取引に必然性はあるか?勝てる条件が揃ったエントリーポイントか?」と一度、自分に質問することを忘れてはいけません。

休むも相場という格言があります。ポジポジ病にかかって、無駄な売買で損失と取引コスト、精神的な負担をあえて増やすことのないように気をつけましょう。
posted by クサナギ at 00:43 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月17日

FXと感情のコントロール

FXでは感情のコントロールが大事です。たとえば、ここに高確率で勝てるトレードルールがあるとします。ルールどおりに取引すればだいたい勝てるのです。それなのに、そのルールを使って取引する人間には感情があり、ルールどおりに取引できないということが起こります。結果、負けます。

つまり、感情がジャマして損切りを遅くしてしまったり、利益確定を早めてしまったりして、結果的に損失の方が大きくなってしまうということが起こるのです。そんなわけない、と思うかもしれませんが、多くの投資家がこのワナにハマってしまっています。

その理由は単純です。人間は快感を得るか、苦痛から逃れる行動しかとりません。FXにもこれは適用されます。利益がでていればそれを早く実現して快感を得ようとしてしまい、逆に損失がでていればその状態から逃れたい(利益がでる為替レートまで戻してほしい)がために損切りが遅れてしまうのです。

この感情をコントロールできればFXで勝てるとは思いませんか?多くの投資家はFXのセンスがないのではなく、ルールを守る精神的な強さが不足しているのだと思います。もちろん、僕も含めてですが(…あまり他人のことは言えません)。

つまり、FX取引で負けないためには、外国為替市場で大損しないためには、感情のコントロールが不可欠なのです。そもそも相場は自分の感情とは無関係に動きます。感情で取引をしていては、いつまでたってもルールどおりの運用をした場合の結果を得ることはできません。

FXのトレードが上手くいかない、以前より上手くいかなくなったという場合は、一度自分の感情面に目を向けてみるのもいいかもしれません。取引のテクニカルな部分よりも、感情にフォーカスすることで良い結果を生むキッカケが見える可能性があります。

FXは市場に関する情報、トレードの精度、感情のコントロールがそろって勝てるようになるのだと思います。
posted by クサナギ at 23:20 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月16日

必ず勝てるインジケーターなんてどこにもない

FX初心者の陥りやすいワナとして、勝てるインジケーター(指標)探しをしてしまう、ということがあります。探すのは個人の自由ですが、探したところで必ず勝てる指標なんてあるわけがないし、インジケーターに頼っていても勝てるようにはなりません。

FXでは為替レートの値動きを見るために、いろいろなインジケーター(指標)があります。RSI、ボリンジャーバンド、MACD、ストキャスティクスなど本当に様々あります。しかし、これらは全て後追いの指標です。結果からのアプローチです。

初めて知ったインジケーターを検証して「このインジケーターはチャートの上げ下げと完全に一致している」と思ったとしても、それは正しい認識ではありません。結果から見たらポイントが一致しているように見えても、実際のナマの相場ではダマシなどが多く使えない場合が多いのです。

もちろん全く役に立たないとは言いません。しかし、為替相場はMACDに頼れば勝てるという生ぬるい市場ではありません。それなら誰でも勝てるはずです。複数の指標を組み合わせても同じです。そもそも、相場を見ながら複数のインジケーターを把握するのは至難のワザです。

それよりも、自分が取引をする中で見つけた「生きたサイン」を見つけるべきです。書籍やノウハウである程度の知識や小さな勝ちは拾えるかもしれませんが、他人の手法というのは最終的なところで信頼しきるのが難しいものです。

それに、よく中身を理解していない指標を使っていては、勝っても負けても理由があいまいなままです。そのような状態では、FXのトレード技術は進化しません。成長がないのです。

勝てるインジケーター探しに時間をかけることはやめて、自分の頭を使い、経験から学び、生き馬の目を抜く外国為替市場、FXの世界で生き残りましょう。幸いいまは1通貨から取引のできるSBI FXトレードのようなFX業者もあります。失敗をおそれず取引をして、検証を重ねていきましょう。
posted by クサナギ at 20:18 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。