2013年09月15日

FX取引は米ドル/円と英ポンド/円だけで良い

FX取引ではいろいろな通貨ペアがありますが、実際にトレードをする際にはどの通貨ペアを選べばいいのでしょうか?スワップ派なら高金利通貨を選べばいいのでしょうが、スキャルピングやデイトレをする場合はどれがいいのか。ぼくは米ドル/円と英ポンド/円の2つをオススメします。

なぜなら、このふたつは取引高も多いからです。外国為替市場の取引高のシェアを見ると、ドルがらみの取引が約90%をしめています。米ドル/円やユーロ/ドル、英ポンド/円などの取引が最も活発におこなわれているということです。

また、特に英ポンド/円はボラティリティ(為替の変動幅)が大きく値幅が取りやすい通貨ペアです。ボラティリティが大きいということは利益を大きく取りやすいので、スキャルピングやデイトレ向きなのです。ただし、逆に考えると損失も大きくなる可能性があるのでそこは注意が必要です。

さて、FX取引をおこなう外国為替市場は世界最大の市場なので、いろいろな筋の人が投資をしています。貿易のための実需取引もありますが、実はそれはたった1割ほどで、9割がたは投機取引(スペキュレーション)です。

投機というとヘッジファンドのイメージが強いかもしれませんが、銀行や機関投資家なども投機をして為替差益を狙っています。最近は日本で「ミセス・ワタナベ」と呼ばれる主婦投資家なども増えていて、FXのマーケットにおける個人投資家の存在感も増しているようです。

そんな中でFX業者が増えて、いろいろな通貨ペアの取扱いがあるところも増えてきています。そこで高金利通貨やマイナー通貨に目移りしてしまうこともあるかもしれません。しかし、初心者の方にはそういったマイナー通貨の取引よりも、米ドル/円をオススメします。

米ドル/円の変動要因は日米の景気や金融緩和、経済指標や主要人物の発言などですが、これらは日本人にとって馴染みやすいものだと思います。日本人が外国の中でいちばんよくわかっているのはアメリカのはずです。

そのような理由で、FX初心者の方には比較的に値動きのわかりやすい米ドル/円をオススメします。取引に慣れてきたら、もう少し値動きの大きい英ポンド/円のトレードもしてみると良いのではないでしょうか。

投資でも投機でも、その対象をよく知るということは非常に大事です。そのファンダメンタルズも有効なテクニカル指標も、どちらもよく知らないようなマイナーな通貨ペアなどには、あまり手をださないのが賢明なのです。
posted by クサナギ at 00:25 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月14日

ひまわり証券のFXテクニカルセミナー

ひまわり証券のサイトで、無料のWebセミナーが開催されます。日時は2013年9月18日(水)20時。だれでも自由に無料で視聴できるようなので、もし時間があるのであれば見てみてはいかがでしょうか。

ひまわり証券の「トモラニ流テクニカルトレードセミナー」
開催日時 2013/9/18(水) 20:00〜20:45
講師 齊藤智子(通称:トモラニ)
定員 200名
対象 条件なし、申込不要
受講料 無料
注意事項 ・ 9月19日以降再配信される予定です。
・ 定員を超過した場合は視聴できません。
※ 他にも注意事項があるので、詳しくは公式サイトをご確認ください。
各FX業者でいろいろな動画コンテンツが配信されていますが、ひまわり証券の実力はどうなのでしょうか。こういう投資家向けのサービスに注力しているのか。どこまで細やかな工夫をしているかを見るのはFX業者選びの大事なポイントのひとつです。

今回は現役トレーダーで人気講師でもあるトモラニさんが、自身が培ってきた経験から、注目する通貨ペアについて、今後実践にいかせるサポート・レジスタンスを的確に提示してくれるということ。

つまりチャートを利用したテクニカル分析のセミナーということになると思います(個人的な予想です)。支持線、抵抗線をどれくらいのスパンで見るのかわかりませんが、スキャルピングやデイトレをする方には有益かもしれません。

FXは常に勉強が大事。ぼくは当日は無理かもしれませんが、再配信の期間のどこかで見ようと思います。ひまわり証券のFXセミナーに注目です。

<< ひまわり証券のFXテクニカルトレードセミナー詳細はこちら >>
posted by クサナギ at 11:44 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月08日

FXの利益は引き出すな!複利運用で資産倍増

FXの利益には2つあります。決済をしたときに確定する「為替差益」(キャピタルゲイン)と、毎日発生する「スワップ金利」(インカムゲイン)です。これらの利益は、引き出してしまった方が良いのでしょうか?それとも再投資した方が良いのでしょうか?

当然、再投資ですよね。投資には「複利」という仕組みがありますが、利益を元の資金に上乗せして再投資することで、この複利を利用して資金を雪だるま式に増やしていくことができます。

金利には単利と複利があります。単利とは、元金にのみ金利がつくもの。複利とは元金に金利が上乗せされたものに、さらに金利がつくものです。

たとえば、毎年10%の金利がつく投資に100万円を投じたとします。このとき、単利では110万円、120万円、130万円と毎年10万円(100万円の10%)ずつ増えていきます。複利の場合は、110万円、121万円、133万円というように、毎年「元金+金利上乗せ分」が10%ずつ増えていきます。

明らかに複利の方が有利ですよね。上記3年間ではまだ利益の差が3万円ですが、仮に10年運用すると単利では利益100万円なのに対して、複利では159万円にまで膨れ上がります。10年間で59万円も差が開くのです。

複利では、初期投資額と運用利回りが大きく関係します。同じ利回りで運用しても、もともとの投資金額が大きい方がより大きく資産を増やせるし、同じ投資金額でも、運用利回りが高い方がより大きく資産を増やせます。

FXも同じです。運用する金額が大きい方が、また利回り(取引ごとの利益率)が高い方が複利の効果を大きく享受できます。つまり、資金を目減りさせてはいけないのです。儲かったからといって買い物に使ってはいけません。それを上乗せしてどんどん投資金額を増やしていきましょう。
posted by クサナギ at 20:15 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXのデモトレードはやるな!たった100円の実践取引で感覚を身につけよう

FXには「デモトレード」(デモ取引、バーチャルトレード)というものがあります。リスクのある実践取引の前に、デモ体験してFXについて理解を深めてもらおうという目的で、各FX業者でバーチャルトレード環境を整えています。

デモトレードは初心者の方には有効な部分もありますが、実践の前にどっぷりバーチャル取引の世界につかるのはオススメしません。それはなぜか。よく語られるデモトレードのメリットからその理由を説明します。

デモトレードのメリットとしては下記のものがあるとされます。
  • 取引の感覚を身につけられる
  • 成功トレード、失敗トレードのパターンを学習できる
  • 仮に大きな損失をしても現実の資金は減らない
  • FXのリスクを身をもって体感できる
ぼくは、これらのメリットがそのまま実際の取引においてデメリットになる思います。実践してみないと実際の約定スピードやスリッページなどはわかりません。だから取引の感覚が身につくというのは難しいでしょう。

また、リスクのない状況下でトレードしても痛みがありません。痛みがなければ、人間は学習しません。失敗が痛烈にココロに残るから、今度は失敗したくないと思うから、人間は学習しようとします。努力をするのです。

失敗しても資金が減らないデモトレードではそれがないため、実践にはあまり役立たないと思います。もちろん全く意味がないわけではありません。初心者の方が為替レートの動き方やその見方、注文発注の方法など一連の流れを覚えるのには適しています。

でも、デモトレードを長くやるのはキケンです。取引の方法は覚えても、実践感覚は身につかないし、また実際の取引のリスクを甘く見るクセがつく可能性があるからです。

FX業者の中には1,000通貨や100通貨から取引できるところもあります。最も取引単位を小さく設定している「SBI FXトレード」なら、なんと1通貨から取引可能です。1ドル100円で計算すると、100円で取引できるのです(レバレッジ1倍で計算)。これって、スゴクないですか?

ぼくはデモトレードよりも、実践取引が有効だと思います。初心者の方が、資金が目減りするリスクを小さくしたいなら、デモトレードではなくSBI FXトレードで実践取引をすることをオススメします。

<< SBI FXトレードの口座開設はこちら >>

※ ちなみに今なら「ワンコインから始まるFX物語!」と題して、新規口座開設した方に100円をプレゼントしてくれます(開設したFX口座へ入金されます)。実質無料で、デモトレードではなく実践ができます。9月30日までの期間限定。お早めに。
posted by クサナギ at 10:33 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月07日

FXを始めるのに資金はいくら必要?

FXを始めるのに必要な資金はどれくらいでしょうか。5万円や10万円でいい?それとも100万円くらいまとまった資金が必要?ぼくは最低で50万円は必要だと考えています。なぜなら、レバレッジを高くすればするほど、FXで重要な資金管理とメンタル面の管理が難しくなるからです。

FXでは個人は最大25倍までレバレッジをかけられます。仮に米ドル/円が1ドル100円だとすると、4万円あれば1万ドル(100万円)の取引が可能ということです。しかし、レバレッジを高くすると資金管理が大変です。

上記の場合、少しでも相場がマイナス方向に動くだけで必要証拠金が100%を下回ります。それにより強制ロスカットがおこなわれるFX業者は多いです。利益を得る前に、資金が目減りしてしまうのです。

上記のように極端に高いレバレッジをかけなくても、たとえば20倍で取引をしたとしても状況はあまり変わりません。今度は5万円の証拠金で100万円の取引ができますが、1%超マイナスになるだけでもうロスカットのラインに触れてしまいます。

このように、資金が少ないとFXの最も重要な要素である資金管理が難しくなります。また、メンタル面の管理も難しいです。レバレッジが高いということは、少しでも為替が動けば大きく損益も変動します。

会社で働いているあいだ、あるいは自宅で家事をやっているあいだに、少しでも相場が動けば資金が大きくマイナスになってしまう…そんな状況ではまともな日常生活は送れないのではないでしょうか。ぼくだったら難しいです。

資金管理の面でもメンタルの余裕の面でも、資金は多ければ多いほど良いのです。最低でも、FX投資をはじめるには50万円は必要でしょう。50万円あればレバレッジ2倍で100万円の取引が可能ですが、これなら余裕を持って取引にのぞめるはずです。
posted by クサナギ at 21:38 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。