2013年08月20日

FX基本の注文方法「成行」「指値」「逆指値」

FXの注文方法にはいろいろなものがありますが、ここでは最も基本的な「成行」「指値」「逆指値」の3つの注文方法について説明します。FXの注文方法にはより高度で便利なものがありますが、基本を知らないと使いこなせません。まずこの3つを覚えましょう。

■ 成行

値段を指定せず、現在の為替レートですぐに売買するという注文方法です。いますぐ火痛い(売りたい)というときに使います。

現在のレートといっても、発注から約定までのあいだも相場は動くので、発注時に見たレートと違うレートで約定することはザラにあります。たとえば100.00円のときに買いを出したのに、100.05円で成立するなどです。

FX業者ごとに違いはありますが、通常は為替レートが表示されているボタンをワンクリックすることで発注できます。そのため迅速な売買ができますが、実際の約定レートは有利になる場合も不利になる場合もあります。

■ 指値

値段を指定して、その値段まで下げたら買う、あるいはその値段まで上げたら売るという注文方法です。サラリーマンとして日中働いているなど、常にPC画面の前にいることのできない場合に有効です。

値段を指定するので、思わぬ為替レートで約定するということはありません。しかし、指定した為替レートに届かなければ永遠に売買は成立しません。

■ 逆指値

指値の逆で、指定した値段まで上げたら買う、あるいはその値段まで下げたら売るという注文方法です。上昇トレンドになったタイミングで買いたいときや、下落相場のロスカット(損失確定)のときに便利です。

以上、基本の注文方法3つを説明しました。注文方法は相場と同じく、慣れが必要な部分もあるので、レバレッジ1倍で1,000通貨の取引をする、あるいはでもトレードをするなどして、どの方法も一度は試してみるのがオススメです。

※ もちろん、でもトレードではなく実際の売買をするときは自己責任です。損失がでるおそれがあるので、最終的に自分で良いと思う場合のみ試してください。
posted by クサナギ at 20:51 | FXの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

円高ドル安は、どっちが上がってる?

円高ドル安と聞いて、すぐに為替がどちらへ動いたのかわかりますか?円高ドル安という言葉は、FXの取引をしている人ならすぐに意味がわかりますが、初心者には混同されがちなものです。というわけで基本をおさらいしましょう。

円高ドル安とは、ドルに対して円の価値が高くなることを意味しています。たとえば数字でみると、1ドル=100円だったものが110円になることです。…ちがいますね。

本当はその逆です。1ドル=100円だったものが、1ドル=90円というように円の額が見た目上は小さくなっているときに、円高(ドル安)といいます。逆に、1ドル=110円になれば円安(ドル高)です。

なぜ数字が減っているのに円が高くなっていると表現するのか?

ここに、1ドルの商品があるとします。1ドル=100円のときは100円で買えます。しかし、1ドル90円になったらどうでしょうか?前は同じ商品を買うのに100円支払う必要があったのに、いまは90円と10円もお得になっています。

このとき、円はドルに対して値上がりしたということになります。為替・FXの世界では基本的なことですが、同時にとても重要なことです。スキャルピングだけをやるなら数字の上げ下げだけ追えばいいから、円高か円安かなんて関係ないでしょうか?

そんなことはありません。FXで勝つためには、まず為替の仕組みを知ることが大事です。基本を知ったその上でこそ、他の知識やトレードスキルが生きてくるのです。一見関係なさそうでも、基本知識をおろそかにしてはいけないのです。
posted by クサナギ at 00:13 | FXの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月18日

FXの証拠金維持率とロスカット

FXでは資金(証拠金)の25倍までの取引が可能です(FX業者によっては最大レバレッジがもう少し低い場合もあります)。レバレッジを利用した取引をすると、レバレッジをかけないで取引したときとくらべて利益も損失も大きくなります。

FX業者では、損失が証拠金を大きく上回らないように「証拠金維持率」というものを決めています。たとえば、最大レバレッジから逆算して算出される「必要証拠金」の50%というかたちです。

たとえば最大レバレッジが10倍、証拠金維持率が50%のFX業者があるとします。このFX業者で、証拠金10万円で100万円の取引をはじめます(レバレッジ10倍)。最大10倍なので、取引開始時点ですでに必要証拠金がギリギリの状態です。

その後、含み損(決済していない状態での損失)が6万円になりました。このとき、含み損6万円分は証拠金から差し引かれて計算されるので、現在の証拠金は10万円から6万円を引いて、残り4万円です。このFX業者は証拠金維持率が50%なので(必要証拠金の50%は常に維持しなくてはいけないので)、下回った状態になってしまいました。

このとき、FX業者は強制的に反対売買をしてポジションを閉じます。これを強制「ロスカット」といいます。投資家の意思に関係なく決済されてしまうのです。

基本的には、ロスカットになるもっと手前、必要証拠金が100%を下回った時点で追加証拠金を要求される「マージンコール」「アラーム通知」などがあると思います。しかし、意に沿わぬ決済をされないように、投資家自身がレバレッジを抑えきちんとリスクコントロールをするべきです。
posted by クサナギ at 16:15 | FXの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXのレバレッジとは?

外国為替証拠金取引(FX)では「レバレッジ」が使えます。レバレッジとは何でしょうか?

FXでは少額の資金しか持っていなくても、その25倍までの金額なら取引ができます。たとえば4万円の証拠金(保証金)を差し入れることで、100万円の取引が可能です。1ドル100円と仮定すると、4万円で1万ドル(100万円)の取引ができるのです。これがレバレッジです。

レバレッジを利用した取引には、為替レートの少ない上昇で利益が大きく取れるというメリットがありますが、逆に少ない下落で損失も大きくでるというデメリットがあります。

たとえば10万円を証拠金として100万円(1万ドル)の取引をした場合、レバレッジは10倍です。1%上昇して101万円になれば、為替レートは1%の上昇ですが、自分の利益率としては10%(10万円を使って1万円の利益)です。逆に1%下落して99万円になれば、10%の損失です。

FXのもうひとつの魅力「スワップ金利」も同じです。レバレッジをかけて数倍の取引をすれば、レバレッジをかけない(レバレッジ1倍)で取引した場合とくらべて、受け取るスワップ金利も数倍になります。

現在は規制により、個人投資家はレバレッジ25倍が上限となっています。自分のリスク許容度を考えてレバレッジをかけることが大事です。また、人間は自信過剰になりやすい性質があるといいます。特にFX初心者は、最初のうちはリスク許容度の上限ではなく、それよりもいくらか下のレバレッジで取引をするのがいいでしょう。
posted by クサナギ at 14:04 | FXの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月17日

FXの手数料

FXの手数料にはおもに2つあります。ひとつは「売買手数料(取引手数料)」、もうひとつは「スプレッド」です。

売買手数料は、1回のトレードごとにかかる手数料です。1回105円などといったように、定額で決めているFX業者が多いと思います。最近は手数料無料が主流になっているようで、口座開設時には大々的に「0円!」「無料!」とうたっているところもあります。

スプレッドは、売りと買いの差額です。FXは売るときと買うときの為替が違います。常に売り買いのレートがでていますが、たとえば売りが1ドル90.05円、買いが90.10円というかたちで表示されます。

このとき売買すると、レートに変動がなければ0.05円の損失がでます。この売り買いのレートの差がスプレッドです。この差はFX業者の収益になります。売買手数料が無料のところも、スプレッドできちんと投資家から手数料をとっているわけです。

また、目に見えにくい手数料として「スリッページ」があります。スリッページとは、発注したレートと実際の約定レートとの差が生じることです。たとえば90.05円のとき売りを出したのに、90.00円で売れてしまう、というものです。やはり0.05円の損失です。

これはある意味「目に見えない手数料」といえます。スリッページは、FX業者のサーバーの強さ、安定度によって違いがあります。安定したサーバーで運用されていれば、相場の急変があっても表示レートのとおり、またはほとんど差のないレートで約定します。

スリッページが小さければ「約定力」があるFX業者、スリッページが大きければ約定力がないFX業者、という呼び方をされます。

これらをふまえて、売買手数料とスプレッドだけではなく、約定力も考慮したうえでトータルで手数料の安いFX業者を選ぶことが大事です。特にスキャルピング(瞬間的に売買を繰り返すトレード手法)などをする場合には、小さな手数料の違いが回数を増すごとに大きな差となってあらわれるので、気をつけましょう。
posted by クサナギ at 23:29 | FXの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。