2013年10月04日

米国債デフォルトはあるか!?予想と目先のFX投資指針

最近の外国為替市場をとり巻く環境はなかなか難しく、FX取引を休んでいる投資家もいるようです。アメリカの政府機関閉鎖によって雇用統計などの経済指標発表が遅れるなどして、外国為替市場にとって足元の情報が十分に行き渡らない状況下で、長めのポジションを取りづらいという投資家も多いです。

政府機関閉鎖、債務上限引き上げ問題が一段落するまでは、以前よりいちだんと短期売買が増えてくるのかもしれません。

さて、米政府機関が長引く可能性があるという見方も出てきている中で、それでは17日に期限が迫っているとされる債務上限引き上げ問題のほうはどうなるのでしょうか。ぼくはなんだかんだ、ギリギリのところで共和党が妥協して、米国債のデフォルト(債務不履行)という最悪のケースは避けられると考えています。

実際には共和党が妥協するのか、共和党の一部造反議員によってバランスが崩れるのか、あるいはオバマ大統領が憲法を強引に解釈するなどして乗り切るのか、どの方法によってそうなるのかはわかりませんが、まずデフォルトへと流れることはないと思います。

市場のほうもそれを見越してか、米国債のCDS(クレジットデフォルトスワップ)もVIX(恐怖指数)も上昇してはいるものの、それほど高水準というわけでもありません。市場はある程度最悪のケースにそなえつつもやや楽観している、というようにも見えます。

しかし、実際にどうなるかはわかりません。FX取引をする場合は当面は短期売買が良いでしょうし、ロットを上げるべきではないと思います。短期的にボラティリティが大きくなる可能性があるので、資金管理はいつも以上に慎重におこないましょう。

※ 上記の内容はあくまで個人の意見であり、将来の相場を約束するものではありません。FX投資は自己責任でおこないましょう。
posted by クサナギ at 21:40 | 為替相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月23日

豪ドル/円の期間別パフォーマンスとチャート

豪ドル/円の6ヶ月、3ヶ月、1ヶ月の値動き(チャート)とパフォーマンスを見てみました。いまは低くなっているものの、資源大国であることを背景に昔から高金利通貨としてFX投資で人気が高いですが、直近ではどういう値動きをしているのでしょうか。

豪ドル/円6ヶ月のチャート
Yahoo!ファイナンスより

ニューヨーククローズ終値ベースで見ると、86.668736〜105.157580円のレンジでした。18円台の上下幅で、この価格帯でありながらポンド/円と同じくらいです。最終的なパフォーマンスは-5.80%。ドル/円の4.66%、ユーロ/円の9.73%などとくらべると、全く別の値動きです。

トレンドとしては、4月に高値をつけたあと下落基調になり、8月中にダブルボトムをつけたような格好で現在は反転しているように見えます。移動平均13週線を越えて、現在は26週線をとらえにかかっています。すんなりとはいかないかもしれません。

豪ドル/円3ヶ月のチャート
Yahoo!ファイナンスより

ニューヨーククローズ終値ベースで見ると、86.668736〜93.832091円のレンジでした。7円台前半の上下幅です。パフォーマンスは3.41%。後半に底からの上昇に転じたため、同期間のドル/円のパフォーマンスを上回っています。短期的な壁になっていたかもしれない90円を超えて上昇基調になりかけている感じがします。

豪ドル/円1ヶ月のチャート
Yahoo!ファイナンスより

ニューヨーククローズ終値ベースで見ると、87.143364〜93.832091円のレンジでした。6円台後半の上下幅です。移動平均26週線と絡みつつあり、ここを抜けるのか、横ばいになるのか、跳ね返されるのか注目したいところです。

豪ドル/円のパフォーマンス(%)
1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
6.47 3.41 -5.80
※ 上記の今までの値動きの認識と今後の見立ては、あくまでぼくのテクニカル分析です。個人的な見解であり、今後の値動きを保証するものではないので気をつけてください。FX(外国為替証拠金取引)投資は自己責任でおこないましょう。
posted by クサナギ at 09:35 | 為替相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月22日

ポンド/円の期間別パフォーマンスとチャート

ポンド/円の6ヶ月、3ヶ月、1ヶ月の値動き(チャート)とパフォーマンスを見てみました。変動幅(ボラティリティ)が大きいとしてFX投資で人気の通貨ペアですが、直近ではどういう値動きをしているのでしょうか。

ポンド/円6ヶ月のチャート
Yahoo!ファイナンスより

ニューヨーククローズ終値ベースで見ると、140.741608〜159.376347円のレンジでした。18円台後半の上下幅です。最終的なパフォーマンスは10.41%。ドル/円が4.66%、ユーロ/円が9.73%だったので、結果を見てみるとやはりボラティリティは大きいようです。

トレンドとしては他の通貨ペアと同じく上昇基調で、移動平均13週線は割ることはあっても26週線が支持線となり跳ね返しています。直近では13週線と26週線が絡むように収れんしてきており、為替レートはその情報にけっこう乖離しています。上昇トレンドと見て取れると思います。

ポンド/円3ヶ月のチャート
Yahoo!ファイナンスより

ニューヨーククローズ終値ベースで見ると、148.805916〜159.376347円のレンジでした。10円台後半の上下幅です。パフォーマンスは5.31%。やはり同期間のユーロ/円のパフォーマンスを上回っています。155円くらいがレジスタンスになっていたのを、9月上旬に上抜けてレンジを出たように見えます。

ポンド/円1ヶ月のチャート
Yahoo!ファイナンスより

ニューヨーククローズ終値ベースで見ると、150.817590〜159.376347円のレンジでした。8円台後半の上下幅です。8月27日の陰線と、その翌日28日あたりから以前と比べて少し大きめの上昇を示しているようです。このまま続くかはわかりません。

ポンド/円のパフォーマンス(%)
1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
3.93 5.31 10.41
※ 上記のレンジの認識と、今後どうなるかわからないというのはあくまでぼくのテクニカル分析です。個人的な見解であり、今後の値動きを保証するものではないので気をつけてください。FX(外国為替証拠金取引)投資は自己責任でおこないましょう。
posted by クサナギ at 10:22 | 為替相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月21日

ユーロ/円の期間別パフォーマンスとチャート

ユーロ/円の6ヶ月、3ヶ月、1ヶ月の値動き(チャート)とパフォーマンスを見てみました。

ユーロ/円6ヶ月のチャート
Yahoo!ファイナンスより

ニューヨーククローズ終値ベースで見ると、119.5564〜134.518847円のレンジでした。約15円動いている計算です。最終的なパフォーマンスは9.73%。ドル/円よりも大きく上昇しています。

レンジはもともと大きくなく、狭い範囲をいったりきたりしながら徐々に小さくなってきています。移動平均13週線は割ることはあっても26週線ではサポートされており、直近では上放れしそうな気配もうかがえます。ただ、今後のユーロ圏の情勢しだいではレンジ幅内での継続もあると思います。

ユーロ/円3ヶ月のチャート
Yahoo!ファイナンスより

ニューヨーククローズ終値ベースで見ると、127.143492〜134.518847円のレンジでした。7円台前半の上下幅です。パフォーマンスは4.53%。127〜133円くらいのレンジを、やはり直近で上にブレイクしそうな値動きをしています。短期的には13週線がサポートになりそうです。

ユーロ/円1ヶ月のチャート
Yahoo!ファイナンスより

ニューヨーククローズ終値ベースで見ると、130.434696〜134.518847円のレンジでした。3円台後半の上下幅です。直近では同時線かそれに近い値動きで、陰線も上下がありながら小さい幅にとどめており、だんだん値を切り上げているように見えます。テクニカル的には上にブレイクしてもおかしくありません。

ユーロ/円のパフォーマンス(%)
1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
2.94 4.53 9.73
※ 上記のレンジの認識と、今後ブレイクしそうという予想はあくまでぼくのテクニカル分析です。個人的な見解であり、今後の値動きを保証するものではないので気をつけてください。FX(外国為替証拠金取引)投資は自己責任でおこないましょう。
posted by クサナギ at 20:53 | 為替相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドル/円の期間別パフォーマンスとチャート

ドル/円の6ヶ月、3ヶ月、1ヶ月の値動き(チャート)とパフォーマンスを見てみました。

ドル/円6ヶ月のチャート
Yahoo!ファイナンスより

ニューヨーククローズ終値ベースで見ると、93.04〜103.18円のレンジでした。約10円動いている計算ですが、最終的なパフォーマンスとしては4.66%ということで、まあまあの値動きです。

レンジが徐々に小さくなりながら、移動平均13週線と26週線の乖離もほとんどなくなってきています。そろそろ相場が大きく動くのかもしれません。もちろん、このままもみ合いということもあり得ます。

ドル/円3ヶ月のチャート
Yahoo!ファイナンスより

ニューヨーククローズ終値ベースで見ると、96.2〜101.18円のレンジでした。約5円ということで、あまり動いていません。やはり移動平均13週線と26週線が長いスパンで絡む展開になっており、いまのところ下には抜けずに跳ね返している状態です。

ドル/円1ヶ月のチャート
Yahoo!ファイナンスより

ニューヨーククローズ終値ベースで見ると、97.02〜100.39円のレンジでした。3円台前半しか動いていない計算ですが、1ヶ月間だとこれくらいの値動きのときもあるので特筆すべきことはありません。

ドル/円のパフォーマンス(%)
1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
1.68 1.44 4.66
チャートもパフォーマンスも適当な期間を取っただけで、これによって何かを分析できるわけでもありませんが、いろいろ取る期間を変えながら値動きの状態を観察することはFXにおいて重要だと考えています。

ぼくのFX投資スタンスはスキャルピングやデイトレですが、長期的な視野やファンダメンタルズをまったく無視するわけではないので、今後もこういったチャートやパフォーマンスを調べていこうと思います。
posted by クサナギ at 14:08 | 為替相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。