■ 初心者の方へ < FXの基礎知識 >

FXの通貨ペアとは?「ドル/円」って?
円高ドル安は、どっちが上がってる?
為替差益とは?
スワップ金利とは?
レバレッジとは?
FXのリスク
証拠金維持率とロスカット
FXの手数料
取引はBidで売り、Askで買い
取引ができる時間は?
為替の変動要因はなに?
FXを始めるのに資金はいくら必要?
FXの税金は20%申告分離課税
税金と必要経費
税金と確定申告
FXの含み益に税金はかかる?
くりっく365とは?

■ FXの注文方法

FX基本の注文方法「成行」「指値」「逆指値」
便利な注文方法「IFD」「OCO」「IFO」
トレール注文とは?

■ FXのリンク集

FXと外貨預金のリンク
株式投資と他の金融商品のリンク
■ オススメのFX業者ランキング

FX会社比較の重要ポイント

1位 DMM.com証券
2位 SBI FXトレード
3位 LION FX(ヒロセ通商)
4位 GMOクリック証券
5位 外為どっとコム
6位 セントラル短資FX
7位 外為オンライン
8位 マネーパートナーズ
9位 みんなのFX
10位 サイバーエージェントFXの「外貨ex」
11位 インヴァスト証券「FX24」
12位 IG証券
13位 アイネットFX
14位 ひまわり証券
15位 FXブロードネット

■ FXのトレード手法

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析
スキャルピングとは?
スイングトレードとは?
サイコロジカルラインとは?
RSIとは?
FXのレバレッジと資金管理
OCO注文でトレードの一貫性を保つ
フィードバックでFX手法を磨き上げる
2013年10月19日

バイナリーオプションとは?

外為投資といえばFX(外国為替証拠金取引)が有名です。日本では特に若いサラリーマンや主婦中心に人気があり、もはや株式よりもなじみの深い金融商品となっているかもしれません。このブログもFX初心者のクサナギが、勉強しつつFXで儲けていこうという趣旨で書かれています。

そんな中、ここ数ヶ月FXよりも勢いのある金融商品があります。それは「バイナリーオプション」です。バイナリーオプションはFXから派生したもので、その中の取引形態のひとつと言えるので厳密には別の金融商品ではないようですが、人気があり別個のものとして捉えられています。

バイナリーオプションはとてもシンプルな取引で「一定時間後に、為替レートが今より円高になっているか円安になっているかを当てる(予想する)」という内容の金融商品です。

予想が当たれば投資したお金の2倍弱(FX業者によって違いあり)の金額が戻ってきて、はずれれば1円も戻りません。通常のFX取引よりもわかりやすい一方、丁半バクチのようにも思えるもので、硬派な投資家からはあまり良い評価は得られていないようです。

ただ、投資初心者には大人気です。一定時間といっても数分から十数分後の値動きを読むだけという、とてもわかりやすい仕組みが支持されているようです。

しかし、勝率は単純に50%なのに戻しが2倍を切るという取引なので、当然勝てない人の方が多いのが現状です。投資家が勝った際に戻る資金のうち、2倍に満たない部分の金額(2倍と実際の倍率(1.8倍など)の差分)はFX業者に入ります。

親(FX業者)が手数料を引いた残りを、投資家が分け合う形になります。仮に、最初100あった投資家たちの資金が、手数料として5引かれているとすると、残りの95を投資家たちが分け合うという仕組みです。完全なる投機です。

ちなみに、最近は規制が入り、2013年12月以降は「購入開始から損益確定の判定時刻までを2時間以上にする」などの縛りがでてくるようです。

FX外為投資はそもそも投機ですが、わかりやすく馴染みやすいバイナリーオプションについては、初心者の方は特に注意すべきでしょう。資金管理さえできていれば大きな損失はでないと思いますが、くれぐれもゲーム感覚などで取引しないようにしましょう。
posted by クサナギ at 23:46 | バイナリーオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXの約定遅延で証券会社に賠償命令!

FX投資、特にスキャルピングやデイトレをやる場合に「約定力」「スリッページ」などはFX業者選びの大きなポイントのひとつです。注文が約定しなければ儲けるも何もないし、想定と大きくずれた為替レートでの約定はそのトレードの失敗の原因となります。

今回、約定遅延によって被った損害について賠償が求められていた訴訟の判決で、FX業者(ネット証券)に賠償命令が出されたとのこと。

戸田久裁判長は「ロスカットまでに一定のタイムラグが生じることは契約上想定されているが、10秒を超えれば合理的範囲内とはいえない」と指摘。タイムラグを抑えるシステムを整備する義務に違反したとして、証券会社側に債務不履行があったと結論付けた。 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1604U_W3A011C1CR8000/

原告の茨城県の男性は、注文した為替レートに市場のレートが達してから、実際のロスカット(損切り)が約定するまでに約18秒経過したと主張していたそうです。その約18秒のあいだに為替が動いてしまい、損失が生じたという趣旨です。

損害賠償として求められた金額1400万円のところ、東京地裁が命じた支払額は200万円。原告が求めた金額が実際の損失額と同程度なのか、何を根拠に算出したのかということはわかりません。しかし、支払いが命じられたことはFX業界にとって大きな影響を及ぼすと思います。

いままでFX業者は約定力やスリッページのなさを宣伝の材料に使っていましたが、これからは宣伝文句としてだけでなく、実際にそれが実行されているのかということも今まで以上に問われることになるかもしれません。

FX業者にとっては厳しい判決、トレーダーにとっては嬉しい判決です。もしかしたら今回の訴訟以外にも、同じような訴訟が出てくるかもしれません。もちろん、こういう事態はなるべく起きないのが望ましいということは言うまでもありません。
posted by クサナギ at 00:07 | FXのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年10月17日

米債務上限引き上げ問題と政府機関閉鎖がひとまず解決

アメリカの債務上限引き上げ問題がひとまず無事に解決しました。日本時間の朝に上院で暫定案が可決され、午前中に下院でも法案が通過。オバマ大統領が署名して一段落というところまで漕ぎつけました。

米国時間17日が期限だったので「もしかして債務不履行(デフォルト)!?」と、まわりは非常にやきもきしましたが、結果的に問題ないかたちになりました。米政府機関閉鎖も解除され、とりあえずアメリカは平常運転に戻ったようです。

内容としては、米債務上限を2014年2月7日まで引き上げ、閉鎖されていた政府機関についても2014年1月15日までの予算が手当てされるとのこと。そもそもアメリカには余裕資金もあり、即座にデフォルトになるわけではなかったものの、一応の解決でひと安心といったところです。

ただ、日本の株式市場ではこれを受けて場中に軟調になった模様です。最近の株式市場は、警戒はしつつも、今回の債務上限引き上げが成立するという楽観的なムードが根底にあり、今日の結果は織り込み済みだったようです。

それを期待して先行して上げていた株式に利益確定の売りが出て後場上昇にかげりが出たという感じでしょう。

それはさておき、債務上限引き上げがおわったあとに市場の注目はアメリカ企業の決算に向いてきているようです。仮に好業績が多く業績相場が形成されるならそれはそれで良し、業績が予想より芳しくなく、金融緩和が続き流動性相場が継続するならそれも良し、というところですかね。

今回FX投資をするには少し難しい局面をむかえていたと思いますが、いちおうの米債務上限引き上げ問題の解決を受け、リスクオンのかたちとなるのでしょうか。一時的に円高に振れている為替が、今後またドルの強い展開に戻るのか。それが見所です。

外為投資の中でもスキャルピングやデイトレなどの短期売買をやるには、ボラティリティの大きかったと思われる今日の午前から昼ごろの相場は嬉しいものだったかもしれませんね。
posted by クサナギ at 21:53 | FXのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年10月15日

雑誌で紹介されていたFXトレード手法

月刊ビッグ・トゥモロウ(BIG tomorrow)2013年11月号を読みました。この雑誌ではサラリーマンが副業で稼ぐためのコンテンツを中心にマネー系の情報を掲載しています。

ネットビジネスについての記事も多いのですが、その中には当然、株式投資やFXに関するものもあります。今回もFXについて「トラリピ」(トラップリピートイフダン:FX業者マネースクウェア・ジャパンが提供する注文方法)を使ったものと、カリスマFX投資家のトレード手法を取り入れた方法が紹介されていました。

「トラリピ」とは、マネースクウェア・ジャパンで提供されている注文方法です。最初に設定してしまえば、あとは同じ注文をリピートしてくれるというもの。たとえば「ドル/円を97円買い指値、98円で売り指値」と設定すれば、あとは24時間自動で売買してくれます。

この方法で「あふかりさん」という電機メーカー勤務のサラリーマン投資家の方は毎月5万〜10万円の利益を積み上げているとのこと。あふかりさんの投資法でもうひとつ紹介されているのが、カリスマ投資家の知恵を借りるというもの。

具体的には「為替王」さんと「マーフィー」さんという2人の方の方法を取り入れているとのこと。これに関しては書籍や教材で学んだということなので、もしかしたら一部高額の教材もあるかもしれません(詳細は調べていませんのであしからず)。

FXで勝つためにはプロの教え(書籍や教材)も必要になるときもあると思います。しかし、高額なだけで中身の薄いものにはくれぐれも手を出さないように細心の注意を払うべきです(上記の2人のことを指しているわけではありません。念のため)。

上記の方法の詳細については、雑誌を読んでください。トラリピについては実践ブログやマネースクウェア・ジャパンのサイトをご覧ください。ちらっと検索してみましたが、実際に自身が設定している為替レートを公表しているブログも多数あるようです。

為替王さんとマーフィーさんについてもブログ等をしているので、興味がある方は一度見てみてください。

マネースクウェア・ジャパン
外国為替FXブログ【為替王】
マーフィーの最強FX投資法を伝授
posted by クサナギ at 23:29 | 雑記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年10月14日

日銀よ、金融緩和はいいが出口戦略も教えてほしい

各国の金融緩和は貨幣価値のバランスに影響を与えるものなので、そのバランスで動く外国為替市場でたたかうFX投資家には、金融緩和は大きな関心事です。

最近はアメリカの次期FRB議長がイエレン氏に決まったこと、政府機関閉鎖、債務上限引き上げ問題とアメリカ関係の話題が多いですが、日本でも「異次元の金融緩和」がおこなわれており、今後の行方が気になるところです。

そんな中、日銀の黒田総裁がニューヨークでの講演の際に、具体的な追加措置については言及しなかったもののデフレーション脱却への決意についてあらためて語ったとのこと。

黒田総裁は日銀の量的・質的金融緩和は「順調に所期の成果を挙げてきており、大きな手応えを感じている」と発言。緩和政策を「推進することで、必ずデフレからの脱却を達成する」と述べた。

総裁は日銀の金融緩和について、円安誘導が目的ではなく、国内経済の押し上げが目的だと説明。為替レートを目標としていないと話した。
http://www.bloomberg.co.jp/bb/newsarchive/MUGHBV6VDKI301.html

実際に円安誘導して自動車など輸出関連株の追い風となるようにしたかどうか、というのはこの際気にしないでおきます。FX関係の人には、理由はどうあれ結果的に為替が動くかどうかが問題なので、そこは特に気にすることはないでしょう。

問題は、流動性を供給するのはいいけど、出口戦略もきちんと考えているのだろうかということです。金融緩和政策には副作用があり、舵の取り方を間違えるとのちのち経済に大きな影響を与えることになるからです。

ぼくは個人的には、現在の状況には財政出動が必要だと考えています。現在のバランスシートを考えると、このまま金融緩和をおしすすめるのは得策ではないと思うのです。

今回、黒田総裁は追加措置については言及していないとのことですが、何か新たな施策を考えているかもしれません。もしそれがまわりの予想通りさらなる金融緩和なら、あわせて出口戦略も公表して市場を安心させてほしいと願っています。
posted by クサナギ at 22:45 | FXのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。